期間:5.16(Mon)→5.22(Sun)

集計日:5.25(Wed)

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
鵜飼敏伸・三木啓樂 漆芸二人展
開催中→5月3日(火・祝)

脈々と受け継がれている漆芸の伝統の技を、それぞれの感性で創作した箱、盆、棗から椀まで約80点を出品します。

[鵜飼敏伸]1970年愛知県生まれ。重要無形文化財保持者 山下義人に師事。日本工芸会正会員。

[三木啓樂]1971年京都府生まれ。京塗の代表作家 父 三代三木表悦に師事。日本工芸会正会員。
 
─予感─ 灰原 愛展〈彫刻〉
5月4日(水・祝)→10日(火)

1981年岡山県生まれ。2006年東京藝術大学大学院修了。近年、国内外で注目を集めている新進気鋭の作家。純真な少女たちの、淡くもあり強靭でもある心の波動を造形化した新作約20点を展観します。
 
佐々木 禅 作陶展
5月11日(水)→17日(火)

1949年岡山県生まれ。1971〜79年、木村盛和先生に師事。日本工芸会正会員。鉄釉から放たれる神秘的な美しさに魅せられ、天目を中心に作陶。本展では、茶盌、花入、鉢など、70余点を展示します。
 
美濃茶盌展
5月18日(水)→24日(火)

美濃陶芸の継承と発展のために設立された公益社団法人美濃陶芸協会が主催する「美濃茶盌展」。全国公募から選ばれた大賞作品など約150点を展示します。
 
西中千人 ガラス展 呼継と光 ─生命の煌めき
5月25日(水)→31日(火)

1964年和歌山県生まれ。世界各国のアートフェアや展覧会に出品し、話題となっているアーティストによる新作展。陶芸の修復技法“呼継(よびつぎ)”からヒントを得た独自のガラス技法を駆使し、日本の伝統美を表現した作品約70点を展示します。
 
 
プレスリリース
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内
ブライダルクラブ