期間:2.13(Mon)→2.19(Sun)

集計日:2.22(Wed)

 

 

会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
小林裕児と森の入り口展 〈洋画〉
2月1日(水)→7日(火)

1948年東京都生まれ、1974年東京藝術大学大学院油画科修了。1996年安井賞受賞。卓越した洞察力と表現力で描かれた作品を制作。森などの自然の光景に人物を織り交ぜた物語性と魅力に溢れる作品約25点を展観します。
 
第2回美濃陶磁育成智子賞受賞記念 阪口浩史 作陶展
2月8日(水)→14日(火)
1969年岐阜県生まれ、多治見工業高校窯業専攻科卒業。美濃陶芸協会理事。美濃陶芸の次代を担う作家の「志野」や「織部」を中心に、作家独自の艶やかな「紅紫」の作品を加えた約60点を展示します。
 
─日本画の新風─ 千幹の会
2月15日(水)→21日(火)

世界的なアーティストとしてご活躍されている千住博先生を師とする日本画家5名によるグループ展。独自の世界観を持つ作家たちが描く、新たな日本画を一堂に展観します。

【出品作家】
釘町 彰、阪本トクロウ、田尾憲司、原田 隆志、山影広野(五十音順、敬称略)

【賛助出品】
千住 博
 
中村 豊 作陶展
2月22日(水)→28日(火)

1948年福井県生まれ、1971年大阪芸術大学卒業。越前焼の伝統を意識しながら、白釉を中心に、使い手の立場で多面的、多用途の器のかたちを模索。本展では、新しい出会いをテーマにした作品約60点を展示します。
 
 
 
プレスリリース
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内