期間:7.17(Mon)→7.23(Sun)

集計日:7.26(Wed)

 

 

会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
─ 光を視る ─ 黒光茂明展〈日本画〉
6月28日(水)→7月4日(火)

1946年京都府生まれ、京都市立芸術大学日本画科卒業。自然を的確に写生し、独自の視点で、大胆に軽やかに切り取られた空間構成。水面にたゆたう光で四季や時のうつろいを描き、情感漂う作品約20点を展観します。
 
─ 国画会会員 ─ 第3回 ここ・今・ここ展〈洋画〉
7月5日(水)→11日(火)

国画会で活躍する作家15名によるグループ展。時代の空気、流れを感じつつ大切なものを求め表現していく作家たちの渾身の作品を展観します。
【出品作家】
岩岡航路、大内田敬、大島聖、大島幸夫、大森啓、加藤茂外次、久保田裕、白石一徳、堤建二、東方達志、西川ひろみ、長谷川宏美、福井路可、
船越多美子、本田正史 (五十音順、敬称略)
 
堀 俊郎 作陶展
7月12日(水)→18日(火)

1953年兵庫県神戸市生まれ、1976年加藤孝造先生に師事。日本工芸会正会員。美濃の土味を生かしたやわらかであたたかみのある作品を制作。本展では粉引、鼡志野に加え、練り込みの技法で作陶された茶盌、花入、皿などを展示します。
 
黎明の会「黎明×」〈日本画〉
7月19日(水)→25日(火)
東海地方でご活躍の名古屋芸術大学教員・卒業生の「黎明の会」に、熊本県・崇城大学OB「瑲瑲の会」の日本画家を加えた14名のグループ展。震災後も精力的に活動している作家の渾身の作品を一堂に展観します。
 
滝沢具幸展 ─ 山河考 ─〈日本画〉
7月26日(水)→8月1日(火)
1941年長野県生まれ、東京藝術大学大学院修士課程修了。創画会会員、日本美術家連盟理事、武蔵野美術大学名誉教授。自然への憧憬をテーマに、抽象性と具象性が織り成す、詩的で美しい色彩の作品約20点を展観します。
 
 
プレスリリース
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内