期間:1.15(Mon)→1.21(Sun)

集計日:1.21(Sun)

 

 

会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
堀 一郎 作陶展
1月2日(火)→9日(火)

1952年岐阜県生まれ。多治見工業高校デザイン科卒業。
人間国宝・加藤孝造先生に師事。穴窯による焼成や技法を研究し作陶。
美濃焼本来の美しさを感じさせる志野、黄瀬戸、瀬戸黒の作品を中心に約50点を展示いたします。
 
時が創る光 鬼頭 勝展〈洋画〉
1月10日(水)→16日(火)

1942年奈良県生まれ。
イタリアや奈良の風景を中心に、古都のノスタルジアを感じさせる美しい心象を表現した作品約30点を展観いたします。
 
フジヤマ、舞妓。 辰巳 寛 日本画展
1月17日(水)→23日(火)

1946年奈良県生まれ。
龍谷大学在学中より文化勲章受章作家・故 橋本明治に師事。日展会員。
ライフワークとなっている艶やかな舞妓の作品に加えて、荘厳な富士山の作品を含めた20余点を展観いたします。
 
稲垣考二展〈洋画〉
1月24日(水)→30日(火)

1952年愛知県生まれ。
1979年愛知県立芸術大学大学院研修科修了。国画会会員。
細密に表現された緊迫感溢れる画面は、強烈に観る者に迫ってくるようです。
本展では女性像に加え、花や静物など意欲作40余点を展観いたします。
 
西浦 武 作陶展
1月31日(水)→2月6日(火)

1941年福井県生まれ。東京大学法学部卒業。
1975年越前町にて開窯。越前焼の伝統を引き継ぎながら独自の穴窯で自然釉により焼成された作品は、独特な渋い焼き味があります。
花入、扁壺から身近に使える食器や酒器まで80余点を展示いたします。
 
 
 
プレスリリース
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内