期間:4.9(Mon)→4.15(Sun)

集計日:4.20(Fri)

 

 

会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
第9回 稜の会〈洋画〉
3月28日(水)→4月3日(火)

立軌会を舞台に自由な創作精神を志し、制作されている作家12名のグループ展。さらなる一歩を進めていく場として、意欲溢れる作品を展観します。
【出品作家】赤堀 尚、五百住乙人、大庭英治、笠井誠一、金子 滇、久野和洋、栗原一郎、坂口紀良、志村節子、松田 環、山田嘉彦、横森幹男  (五十音順、敬称略)
 
「雅」三人展
─菅原百佳 東儀恭子 外山寛子─ 〈日本画〉

4月4日(水)→10日(火)

世界的なアーティストとして活躍されている千住博先生を師とする有望な日本画家のグループ展。感性、想像性に溢れ、独自の世界観を持つ作家たちが描く、新たな日本画を一堂に展観します。
 
高橋楽斎 作陶展
4月11日(水)→17日(火)

1954年滋賀県生まれ。日本六古窯のひとつである信楽焼の伝統を継承しつつ、土の風合いを活かした独自の造形感覚の作品を制作。本展では、温かな表情をみせる大壺、花入、茶陶から食器まで約60点を展示します。
 
80歳、ガラス人生の“今”
第10回 横山尚人 グラスデコール展〈工芸〉
4月18日(水)→24日(火)

1937年台北生まれ、1962年東京藝術大学卒業。「グラスデコール」と名付けた、色とりどりのガラスを組み合わせた装飾性を意識した作品を制作。本展では、動物や花や虫たちを自由な着想で表現した作品約50点を展示します。
 
水炎 ─ガラスとのコンビネーション 吉川正道展〈工芸〉
4月25日(水)→5月1日(火)

1946年神奈川県生まれ、愛知県常滑市在住。中部国際空港エントランスの大壁画制作や薬師寺への作品奉納など、国内外で精力的に活動。本展では釉薬の美しさが際立つ青白磁のオブジェ、器など70余点を展示します。
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内