お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.05.05.Fri

今、東京で話題のお店が期間限定で出店!

今、東京で話題となっているお店が、期間限定で人気商品を販売中です!

<ベイク>の「焼きたてチーズタルト」です!

 170505_sweets_01   

株式会社BAKEは、今東京で、焼きたての「チーズタルト」で

話題となっているお店!販売商品は、なんと「チーズタルト」のみ!

 

<ベイク>のお店は、工房一体型。製造場所で販売をおこなっており、

作り置きはせずに焼きたてを提供してくれます。一品勝負だけに、

原材料にも並々ならぬこだわりを持っており、チーズムースに使われる

クリームチーズは、素材の美味しさを引き出すために、北海道産のチーズと

フランス産のチーズをブレンドします。またタルト生地に使われている

クッキーをよりサクサクで美味しくするために、クッキーだけで一度焼き、

チーズムースを入れてからもう一度焼き上げる「二度焼き」を取り入れています。

 

新宿、池袋、自由が丘など若者が多く集まる場所に出店し、

今や〈ベイク〉の袋を持った女性を見かけない日はないくらいの

人気店となっています。

 

この人気店を展開する株式会社BAKEの代表 長沼真太郎氏は、

札幌の老舗洋菓子店「きのとや」の社長 長沼昭夫のご長男。

ある催事で、チーズタルトを冷やさず焼きたての鉄板のまま

並べて販売したところ、突如行列が! 焼きたてならではの

ガリッ、フワッとした食感や、たちこめるチーズの香り。

チーズタルトを口にするお客様の笑顔を見て、「これだ」と確信します。

 

焼きたてを提供するためには「売り場を工房にすればいい」。

焼きたてをすぐに食べてもらえるように

食べきれる小さなサイズに変える。食感を楽しんでもらうために、

タルトを二度に分けてじっくり焼く。 様々な試行錯誤を経て、

今の「焼きたてチーズタルト」が誕生。札幌の店舗を改装し、

「焼きたてチーズタルト」を人気商品に育てあげた後、

「北海道の美しいお菓子を世界中に広めていきたい」そんな想いで、

東京に拠点を移し、株式会社BAKEとしてスタートしたのです。

 

現在ではアジアを中心に海外にも店舗がある話題の、

焼きたてのチーズタルトを是非この機会に味わってみて!!

 

〈ベイク〉
焼きたてチーズタルト(1個)216円
■5月9日(火)までの販売/1階 北ブロック デリシャスコート

 

 

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.