お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.05.16.Tue

あの伝説のスウィーツが再び登場!

皆様のご要望にお応えして、あの伝説のスウィーツが再登場します!

向山製作所「生キャラメルソースプリン」です!

福島県大玉村の電子部品製造会社が作っているスウィーツです!

150522mukaiyama_s03

そもそも、なぜ、電子部品会社がスウィーツを作っているのでしょうか。

向山製作所は、今でこそ携帯電話のディスプレイや車の室内灯などを作っている従業員約100名の製造会社ですが、平成7年当時はまだ従業員15名程度でした。折しもバブルがはじけ、大変な不況の中仕事がなく、織田金也社長は「いざとなったら皆でお弁当屋でもやろう」と自ら調理学校に通い、夜は郡山市のホテル厨房で見習いをしながら食品事業進出を模索。幸いにも本業により会社の業績は回復し、弁当屋にはなりませんでしたが、いつか食品事業をやりたいという想いが社長の中で消えることはありませんでした。

そんな中、東京駅地下の大スウィーツ街を見て、地元との差に愕然。「地元を活性化する為に、なんとか地元スウィーツを立ち上げたい」という思いが強くなり、スウィーツ事業部を立ち上げるに至ります。選んだのが「生キャラメル」。しかし食品の開発は初めて。独自開発にこだわりながら試行錯誤のうえに出来たレシピは100種類を数え、ようやく「生キャラメル」が誕生します。

 140725mukaiyama_s03
※画像はイメージです。

同社の「生キャラメル」は、牛乳・生クリームを使用し、一粒一粒丁寧に仕上げた、芳醇でやさしい味わいが特徴。この生キャラメルを使ったのが、「生キャラメルソースプリン」です。契約農場から届いた卵を使用した濃厚なプリンに仕立て、オリジナルの生キャラメルソースをつけた、生キャラメル専門店ならではのプリンです!

伝説のスウィーツをぜひこの機会に味わってみて!

 

 

〈向山製作所〉
生キャラメルソースプリン(1個) 400円
5月17日(水)→23日(火)/地下1階 ウイークリースポット

 

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.