お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.08.29.Tue

とろける!新食感!生アイス

夏休みも、あとわずか・・・

今日はとっておきの超おいしい、新食感の生アイスクリームを紹介しましょう!

 

<GLACIEL(グラッシェル)>「生グラス」です!

<GLACIEL(グラッシェル)>は、アントルメグラッセ・生グラスの専門店として、2013年7月に

東京・表参道にオープンしたお店。店名は、フランス語でアイス職人を意味する“グラシエ”と

アイスの“グラス”、それに空を意味する“シェル”を合わせた造語で、食べたときに口の中に広がる

アイスの美味しさ、豊かさ、店舗の中庭から見上げる空をイメージしているのだとか。

 

「生グラス」とは、フランス語で“生アイス”の意味。作りたてのアイスクリームのことです。

ふつうのアイスクリームとは異次元の柔らかく舌の上でとろけていく新食感を味わうことができます。

 

素材にもこだわり、厳選された北海道のミルクのほか、フルーツはそのジャンルにおいて

トップクラスの生産者から旬のものを毎日取り寄せるほどの徹底ぶり。

 

是非この機会に「生アイス」の食感と味わいを体験してみて!

 

 

<GLACIEL(グラッシェル)>

生グラス (シングル)486円 (ダブル)594円

■8月31日(木)までの販売/1階 北ブロック デリシャスコート

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.