お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.10.03.Tue

愛らしいお月見スウィーツ

10月に入り、秋めいてきましたね。

そして秋といえば、「お月見」!

 

今年の

十五夜(旧暦8月15日=中秋の名月)は10月4日!

十三夜(旧暦9月13日)は11月1日、

十日夜(旧暦10月10日)は11月27日

と、なっています。

 

・・・というわけで、今日は愛らしい「お月見」スウィーツをご紹介しましょう!

 

1、<菓匠 花桔梗> 「お月見セット」

道明寺でこしあんを包んだ「うさぎ」、黄色い月を透かした「葛餅」、

月に見立てた「栗かのこ」の3種類がセットとなっています。

 

秋の風情が漂う生菓子です。

 

 

2、<納屋橋饅頭万松庵> 「月見団子」

国産の米粉を使用し、黒糖と白砂糖で仕上げた2色の「月見団子」。

一口タイプのまん丸団子はあさっりしていて、いくつでも食べられちゃいます!

 

 

3、<カフェ タナカ> 「お月見マカロン」

洋菓子ファンにはこちら!

 

お月見をイメージした可愛いうさぎはパティシエがひとつひとつ丁寧に手描きしたもの。

人気のチョコレート・キャラメル・いちごみるくの3種のお月見限定マカロンです。

 

 

その昔は、「月待ち講」と言って十五夜、十三夜、十日夜など月が美しいとされる夜に

講員(志を同じくする人たち)が集まって一緒に食べたり飲んだりしながら、

月が出るのを待つ行事が行われていたといいます。

 

皆さんも仲良しグループで集まって、美味しいスウィーツを食べながらお月見をして、

秋の夜長を楽しんで見てはいかがでしょうか。

 

 

1、<菓匠 花桔梗>

お月見セット(1箱/3個入)972円

10月10日(火)までの販売/地下1階 和菓子売場

 

2、<納屋橋饅頭万松庵>

月見団子(1パック/黒・白各5個入)540円〈各日30パック限り〉

名古屋地区百貨店当店限定

■10月10日(火)までの販売/地下1階 和菓子売場

 

3、<カフェ タナカ>

お月見マカロン(3個入)918円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■10月10日(火)までの販売/地下1階 洋菓子売場

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.