お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.11.10.Fri

老舗の銘菓の秋限定バージョン登場!

今日は、老舗和菓子店の秋限定バージョンのご紹介です!

 

<五郎丸屋>の「薄氷」の秋限定バージョンの

「甃(いしだたみ)のうえ」です。

<五郎丸屋>は、江戸時代の宝暦2年(1752年)創業の富山の老舗和菓子店。

こちらで創業以来、受け継がれる銘菓が「薄氷」です。

 

雪の深い北陸の石動。雪が消えかかる如月・弥生の寒い朝は、水溜や水田に

薄氷が一面に張ります。ある日、庭のネコヤナギに気をとられ、水たまりの

薄氷を踏み割ってしまった五郎丸屋八左エ門が、その不定形に割れた薄氷の

美しい姿をお菓子に映し、創製したのが「薄氷」という銘菓の始まりでした。

以来、その秘法を伝え、藩政時代には禁裏や加賀藩主前田公より幕府に献上。

また、明治以降宮内省の御用を始め、茶道界などからも高い評価を受けている

銘菓です。

 

熟練された職人の手によって一枚一枚丁寧に作り出される「薄氷」は、富山特産の

新大正米を使用し、精製した薄い煎餅に阿波特産の高級和三盆糖を独特の製法で

刷毛塗りしたもの。口の中に入れると、薄氷が溶けるようにスッと溶け、あとに

和三盆糖の独特の風味が残ります。

 

今日、ご紹介する秋限定バージョン「甃(いしだたみ)のうえ」は、現代風に

バターコーヒーと黒ごまの2種類の味で、石畳の上に落ちる「いちょう」と

「もみじ」を表現したもの。

 

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定です。ぜひお見逃しなく!

 

 

 

<五郎丸屋>

甃(いしだたみ)のうえ(8枚入) 1,296円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■販売中→11月14日(火)までの販売

/地下1階 和菓子売場「銘菓百選」 ウイークリーコーナー

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.