お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

2017.10.31.Tue

これぞ究極の「栗のお菓子」!

この時季、見逃せないのはやはり「栗のお菓子」。

コンシェルジュのオススメNo.1は・・・

 

<すや>「栗きんとん」

 

1、「栗きんとん」

…続きを見る

2017.10.10.Tue

あの銘菓の栗バージョンが今年も登場!

秋の味覚の代表といえば、やっぱり栗ですよね!

今回は、銘菓の期間限定“栗バージョン”をご紹介しましょう!

 

<一六本舗>「一六タルト栗づくし」

…続きを見る

2017.10.03.Tue

愛らしいお月見スウィーツ

10月に入り、秋めいてきましたね。

そして秋といえば、「お月見」!

 

今年の

十五夜(旧暦8月15日=中秋の名月)は10月4日!

十三夜(旧暦9月13日)は11月1日、

十日夜(旧暦10月10日)は11月27日

と、なっています。

 

・・・というわけで、今日は愛らしい「お月見」スウィーツをご紹介しましょう!

 

1、<菓匠 花桔梗> 「お月見セット」

…続きを見る

2017.09.26.Tue

あの人気ぷるぷるスウィーツが再び登場!

今年の5月に登場して人気となったお菓子が再び登場します!

<祖谷庄 千寿庵>「わらび餅」です!

<祖谷庄 千寿庵>は、徳島の創業昭和59年の和菓子店。百貨店にも出店する

人気店です。

こちらの人気商品が「庄わらび餅」

…続きを見る

2017.09.22.Fri

東京の由緒ある和菓子

9月も下旬に入り、かなり秋めいて来ましたね。

 

今日は、東京で有名な「志ほせ饅頭」の話をしたいと思います。

…続きを見る

2017.09.15.Fri

期間限定!お彼岸スウィーツ

お彼岸の期間は、春分の日・秋分の日を中日として前後3日間を含めた7日間。

今年の秋彼岸は9月20日から9月26日まで。

正確には・・

9月20日(水)   彼岸入り

9月23日(土・祝) 中日(秋分の日)

9月26日(火)   彼岸明け

となります。

 

仏教では死後の世界 つまり「あの世」のことを『彼岸(ひがん)』といい、私たちのいる世界「現世」を

『此岸(しがん)』といいます。そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされています。

 

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈むことから、彼岸と此岸がもっ

とも通じやすくなると考えられ、先祖供養するようになったと言われています。

 

さてさて、お彼岸につきもののスウィーツと言えば「おはぎ」です。

現在では、秋の「おはぎ」、春の「ぼたもち」と考えられていますが、正確には異なります。

小豆の収穫は9月~11月。秋の彼岸は収穫したての皮の柔らかい小豆を使うので「粒あん」に、

一方 春の彼岸では保存して皮が固くなった小豆を使うので「こしあん」にしました。

つまり、本来、秋の「おはぎ」は<粒あん>。春の「ぼたもち」は<こしあん>だったのです。

 

まあ、理屈はさておいて、コンシェルジュおすすめの「おはぎ」を紹介!

 

<たねや> の「おはぎ」です!

 

…続きを見る

2017.08.25.Fri

東京でも人気沸騰!あの大人気スウィーツが再登場!

テレビ番組などで取り上げられ東京でも大人気となっているあのスウィーツが

装いも新たに新商品名で、再登場しています!

 

<和菓子司いづみや>「黒かりん」です!   

    

…続きを見る

2017.08.18.Fri

ツルリン!超なめらか美味スウィーツ

8月も後半に入りましたが、まだ暑い日が続いていますね~。

 

今日は、この時期に嬉しい“ツルリン”とのどごしなめらかなスウィーツを紹介しましょう!

 

<桔梗屋織居>「小豆憧風(あずきどうふ)」です!

…続きを見る

2017.08.08.Tue

総裁賞受賞の絶品の和菓子とは

皆さまは、「最中(もなか)」というお菓子をご存知でしょうか?

私くらいの年齢であれば誰もが知っている、餅を薄く伸ばし、切って型で焼いた皮に

餡を挟んだ和菓子です。

 

もともと「最中」とは「中心」とか「真ん中」の意味で、「秋の最中」と言えば8月15夜を指し、

中秋の名月をイメージさせることから、最中の原型とされる「最中の月」と呼ばれるお菓子も、

白く丸い麩焼き煎餅(ふやきせんべい)のようなものだったといわれます。

1800年代には、これに餡を挟んだ「最中饅頭」が登場し現在の「最中」になっていったと言われます。

 

さてさて、前置きが長くなってしまいました。

 

名古屋には、絶品の「最中」を作りつづける和菓子処があることをご存知でしょうか?

 

創業1927年、なんと90年も最中づくり一筋に歩んでおられる

名古屋尾頭橋の和菓子処不朽園>です。

 

…続きを見る

2017.08.04.Fri

夏季限定♪プルンプルン♪スウィーツ

毎日、暑いですね~!

 

「暑いけど、やっぱり、なんか甘いものが食べたーい」

 

今回は、そんな方にぴったりのスウィーツをご紹介します!

 

…続きを見る

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.