会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
河野桂一郎(こうのけいいちろう)展 美しい女性たち〈洋画〉
11月28日(水)→12月4日(火)
1966年大阪府生まれ、名古屋芸術大学絵画科洋画コース卒業。白日会会員。2014年白日会初出品で白日賞を受賞するなど、華々しいデビューを飾り写実作家として注目を集める。初個展となる本展は、女性像を中心に約20点を展観します。
 
色絵磁器 渡辺国夫(わたなべくにお)展
12月5日(水)→11日(火)
1967年山梨県生まれ、東京藝術大学大学院美術研究科陶芸専攻修了。日本工芸会正会員。山中湖に工房を構え、色絵磁器を研究、作陶。本展では、リズム感あふれる幾何的な文様の鉢、皿、陶筥、茶碗など70余点を展示します。
 
─琳派・百花繚乱─安西大(あんざいひろし)洋画展
12月12日(水)→18日(火)
1970年埼玉県生まれ、東京藝術大学大学院美術研究科修了。洋画家でありながら、様々な箔を使い古画の世界を現代に表現。本展では、季節の花々を華麗に表現した新作約30点を展観します。
 
絹谷幸二(きぬたにこうじ)展─豊穣富嶽・菩提心─〈洋画〉
12月19日(水)→25日(火)
1943年奈良県生まれ、東京藝術大学大学院修了。東京藝術大学名誉教授、日本藝術院会員、文化功労者。ベネチアにてアフレスコ古典画法を研究。エネルギーにあふれた鮮烈な色彩と知的なエスプリに満ちた作品は見る人に感動をあたえます。100号の連作から小品まで約30点を一堂に展観します。
 
写実絵画の現在展〈洋画〉
12月26日(水)→31日(月)
独自のリアリズムを追求する作家が完成度の高い緻密な描写力で描く、人物、風景、静物の写実絵画を一堂に展観します。
【出品作家】浅村理江、飯島二郎、小池壮太、長坂誠ほか(五十音順、敬称略)
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内