会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
第2回 彫刻になった生き物たち
10月3日(水)→9日(火)
現代彫刻界で活躍する作家たちが、様々な表現力で制作した個性豊かな動物の作品を一堂に集めて展示します。
【出品作家】秋山 隆、エサシトモコ、新谷一郎、長納魚丈、仲間智登志、平野千里、丸山達也、向吉悠睦 ほか(五十音順、敬称略)
 
第1回 ものの見え方展〈洋画〉
10月10日(水)→16日(火)
絵画の手法が技巧的に傾いている現在、11名の洋画家が改めて自然を見直して、より多彩な発想や自然の解釈を試みた作品約40点を展観します。
【出品作家】赤塚一三、遊馬賢一、蛯子真理央、笠井誠一、傍島幹司、田口貴久、林 繭子、茂登山東一郎、栁瀬雅夫、山内滋夫、山田真二(五十音順、敬称略)
 
─雪月花─ 花二十題〈日本画〉
10月17日(水)→23日(火)
現代日本画壇を代表する画家たちによる、「花」をテーマにした清澄さと気品を併せ持つ作品を出品します。
【出品作家】上村淳之、鈴木竹柏、千住 博、中島千波、那波多目功一、西田俊英、平松礼二、森田りえ子 ほか(五十音順、敬称略)
 
有本空玄(ありもとくうげん) 作陶展
10月24日(水)→30日(火)
1963年広島県生まれ。古志野に「陶の美」の本質を求め、あえて故郷である広島で新しい志野焼の創作に取り組むため築窯。本展では志野の茶碗、香炉、壺を中心に、新たに樫灰の作品を加えた約60点を展示します。
 
宮いつき展─across the garden─〈日本画〉
10月31日(水)→11月6日(火)
伝統的な日本画技法にとらわれず、様々な表現方法で絵画を制作。独特な構図と色彩感覚で描く物語的な作品を中心に展観します。
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内