会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
宮いつき展─across the garden─〈日本画〉
10月31日(水)→11月6日(火)
伝統的な日本画技法にとらわれず、様々な表現方法で絵画を制作。独特な構図と色彩感覚で描く物語的な作品を中心に展観します。
 
人間国宝 塗師 小森邦衞(こもりくにえ)展
11月7日(水)→13日(火)
1945年石川県生まれ、2006年重要無形文化財「きゅう漆」保持者に認定。日本工芸会正会員理事、漆芸部会長。漆と向き合い続けて50余年の円熟味が作り出す、重箱、盆、茶器、香合、椀など約70点を展示します。
 
山本雄教(やまもとゆうきょう)展─ONE COIN LIFE─〈日本画〉
11月14日(水)→20日(火)
1988年京都府生まれ、京都造形大学大学院修了。米粒・1円硬貨・ブルーシートなど身近なものを素材とし、新しい感覚で表現する若手作家。ユーモアに富み、かつシニカルな笑いを誘う話題作約40点を展観します。
 
人間国宝 鈴木藏(すずきおさむ)展─造化にしたがひ、自然にかへれとなり─〈工芸〉
11月21日(水)→27日(火)
1934年岐阜県生まれ、1994年重要無形文化財「志野」保持者に認定。日本独自の焼き物である志野を追求した作品には、高い精神性が感じられます。本展では志野を中心に、瀬戸黒の茶碗や書を加えた約30点を展示します。
 
河野桂一郎(こうのけいいちろう)展 美しい女性たち〈洋画〉
11月28日(水)→12月4日(火)
1966年大阪府生まれ、名古屋芸術大学絵画科洋画コース卒業。白日会会員。2014年白日会初出品で白日賞を受賞するなど、華々しいデビューを飾り写実作家として注目を集める。初個展となる本展は、女性像を中心に20余点を展観します。
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内