会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
─Cute Sculpture─ 女流作家4人展〈彫刻〉
1月30日(水)→2月5日(火)
“カワイラシイ彫刻”をテーマに、4人の注目作家が違う素材から生み出した、面白く楽しい立体作品約100点を展示します。
【出品作家】いしばしめぐみ、エサシトモコ、高橋野枝、吉川かおり(五十音順、敬称略)
 
前田正剛(まえだせいごう) 作陶展
2月6日(水)→12日(火)
1968年愛知県生まれ、1993年愛知県立芸術大学陶磁専攻卒業。加藤作助先生と長池潤一先生に師事。日本工芸会東海支部幹事、愛知県立芸術大学非常勤講師。草花や木々など四季折々の自然をモチーフに独自の感性を調和させながら作陶。本展では、「掛分」の技法を中心に大皿、茶碗、花入からぐい呑まで約80点を展示します。
 
土田康彦(つちだやすひこ) ヴェネツィアンガラス展
2月13日(水)→19日(火)
1969年大阪府生まれ、1995年イタリアにてガラス制作を開始。海外で数々の美術賞を受賞した注目のガラス作家。本場ヴェネツィアで修得した高度なガラス技法から生み出された色彩豊かな新作約70点を展示します。
 
吉田喜彦(よしだよしひこ) 陶展
2月20日(水)→26日(火)
1936年栃木県生まれ、人間国宝の荒川豊蔵先生に師事。美濃焼を研究し、岐阜県可児市にて築窯。手の温もりを感じさせる柔らかな造形の志野、黄瀬戸、瀬戸黒に加え、滑らかな乳白色の白掛け流しの作品約40点を一堂に展示します。
 
─あるがままの情景─ 城 康夫(じょう やすお)展〈洋画〉
2月27日(水)→3月5日(火)
1943年京都府生まれ。国画会会員。全卵テンペラを中心としたミクストメディアの色彩美で独自の清澄な世界を表現。本展では、これまでの花や石だけでなく、新たに風景をモチーフに加えた、大作を含めた約30点を展観します。
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内