会員サービス

点線

 

 

 

 
 
※いずれも最終日は午後4時閉場
 
藤田 新(ふじた しん)展 ─夏の扉─ 〈洋画〉
8月28日(水)→9月3日(火)
1953年東京都生まれ、東京藝術大学大学院彫刻科修了。素材、技術を駆使し表現された神秘的な作品を制作。雲や動物をモチーフとした新作や、鏡状の意欲作を加えた約30点を展観します。
 
中村 豊(なかむら ゆたか) 作陶展
9月4日(水)→10日(火)

1948年福井県生まれ、1971年大阪芸術大学卒業。1972年越前陶芸村に築窯。越前焼の伝統を意識しながら、白釉を中心に使い手の立場で多面的、多用途の器のかたちを模索し、新しい出会いをテーマにした作品約60点を展示します。
 
手のひらの小宇宙 現代根付展〈工芸〉
9月11日(水)→17日(火)

江戸文化が生み出した根付は、様々な素材に工夫を凝らした造形としゃれた意匠が施され、世界に誇る彫刻芸術として高い評価を得ています。国内外で活躍する作家約40名による新しい発想と感性で創作された作品を展示します。
 
─ユメノトビラ─ 市川光鶴(いちかわ みつる)展〈洋画〉
9月18日(水)→24日(火)

1983年愛知県生まれ、武蔵野美術大学大学院修了。油絵具の特性をいかした削り出し技法を応用して、虹色のような輝きのある作品を制作。本展では鏡などのモチーフを通して可憐な少女を中心に展観します。
 
小林裕児(こばやし ゆうじ)の森と動物展〈洋画〉
9月25日(水)→10月1日(火)

1948年東京都生まれ、1974年東京藝術大学大学院油画科修了。1996年安井賞受賞。卓越した洞察力と表現力で描かれた、森などの自然の光景に人物を織り交ぜた、物語性のある魅力に溢れる作品約25点を展観します。
 
 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内