お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

2018.10.16.Tue

大人気の東京の定番スウィーツが再び登場!!

日本橋千疋屋総本店の「バナナオムレット」です!

           

 

千疋屋といえば、江戸時代の天保5年(1834年)創業のフルーツの老舗。フルーツを使った生ケーキも多数ラインナップしている中で、根強い人気を誇るのが、定番の「バナナオムレット」です。

 

「バナナオムレット」は、フレッシュで甘みと味わいが濃厚な完熟バナナをたっぷりのホイップクリームとともに、ふんわりとして卵の風味と甘みが感じられるスポンジで包んだもの。

 

さて、気になるオムレツケーキのルーツですが・・

オムレツは、正式にはオムレット(omelette)なのでomelette cake で調べてみても、ほとんどが

スペイン風オムレツのバリエーションで、私たちにおなじみのスウィーツが出てくるのは、海外ではほとんどありません。

 

やはり、日本発祥のお菓子でしょうか・・。スポンジ+ホイップクリーム+フルーツという組み合わせは、ショートケーキと同じで、いかにも日本人好みのスウィーツではあります。

 

一説には、今から40年ほど前に、自由が丘トップというお店が「オムレツケーキ」で有名になり、それが全国に広がったとも。東海地方では「ゴンドラ」という名称で売られていたとも言われますが・・。

皆様の記憶の中にあるでしょうか。

 

食欲の秋、学問の秋、お菓子の歴史に想いを馳せながら、オムレツケーキをほおばるのも楽しいかもしれません。

 

<日本橋千疋屋本店>

バナナオムレット (1個) 378円

10月17日(水)→23日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

2018.10.12.Fri

秋の栗スウィーツ!

10月も中旬に入ってきましたね!

前回は、「洋菓子」を中心にご紹介したので、

今回は、「和菓子」を中心に旬の「栗」を使ったお菓子を紹介していきましょう!

 

納屋橋饅頭万松庵 「栗蒸し羊羹」

 

納屋橋饅頭万松庵は、明治19年創業の和菓子店伊勢屋から暖簾分けされ、大正8年名古屋大須に開店した老舗和菓子店。酒まんじゅうである「納屋橋まんじゅう」が有名ですが、今日ご紹介するのは季節限定の「栗蒸し羊羹」! ほどよい甘みの甘露栗をたっぷりと蒸して仕上げた羊羹で、包装した竹皮の香りがほんのり漂います。蒸し羊羹は、ふつうの羊羹のように寒天で固めるのではなく、小麦粉やくず粉を加えて蒸し固めるという製法をとるので、羊羹部分が柔らかく、モチモチとした食感になります。

 

<納屋橋饅頭万松庵>

栗蒸し羊羹 (1本/約12.6cm) 701円 <各日15本限り>

10月19日(金)→28日(日)の販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

叶 匠壽庵 「あも(栗)」

 

叶 匠壽庵は、1958年創業、滋賀県大津市に本社を置く老舗和菓子店です。「あも」というのは、同店の代表的銘菓で、職人が手炊きしたふっくらと艶やかな丹波大納言小豆のつぶ餡と、とろけるような求肥が特長のシンプルな素材の棹菓子。「あも」とは、古語の女房言葉で「餅」を示すのだとか。「あも(栗)」は、香ばしい焼き栗に、塩辛さの中にも「甘み」を併せ持つフランス産「ゲランドの塩」を加えることで栗の風味を引き立て、小豆と求肥の風味を損なわず、絶妙なバランスを生み出した、秋の味覚を味わえる新商品です。
<叶 匠壽庵>

あも(栗) (1本) 1,296円

■地下1階 和菓子売場

 

秋の夜長に、旬の栗を使った和菓子を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

●秋の収穫祭

開催中→30日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート 各階喫茶

 

2018.10.09.Tue

見逃すな!! 期間限定の秋スウィーツ

10月に入り、ずいぶんと秋らしくなってきました。

夏と冬が長く、春と秋が短いというのが、近年の傾向。あっと言う間に秋が過ぎてしまいます。

・・というわけで、早速この秋限定のスウィーツを紹介しましょう!

 

1、レニエ リヴゴーシュ 「美濃焼プリンの集大成」

まずは、なんといっても、コンシェルジュのイチオシはこちら!

美濃焼きの器の中に、さつまいものプリンとモンブランクリーム、柿、いちじく、甘露芋など秋の味覚が満載された逸品。これ1つで、思い切り秋を堪能できます!

レニエ リヴゴーシュのグランシェフを務められる長谷川享平氏は、30歳で「お菓子屋レニエ」を設立されたのちも、フランス菓子を追求するため、幾度なく渡仏され、日本における本格フランス菓子の担い手として知られています。フランスのエッセンスの詰まった、期間限定の秋スウィーツを是非試してみて!

 

<レニエ リヴゴーシュ>

美濃焼プリンの集大成 (1個) 756円

名古屋地区百貨店当店限定

■地下1階 洋菓子売場

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「サンマルク マロン」

サンマルクは、フランスの伝統的なお菓子の1つで、バニラのクリームとチョコレートのクリームをアーモンドの生地であるビスキュイ・ジョコンドではさんだもの。上の生地はキャラメリゼします。今回の「サンマルク マロン」は、これを濃厚なマロンクリームでアレンジしたもの。キャラメリゼされた部分のほどよい苦みとクリームの濃厚な味わいが融合し、深い大人の味わいとなっています。

 

短い秋の期間のあいだに、是非、秋スウィーツを満喫しましょう!!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

サンマルク マロン (1個) 701円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

●秋の収穫祭

10月10日(水)→30日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート 各階喫茶

 

 

 

2018.10.05.Fri

大人気パティスリーのスペシャルなチーズケーキとは?

今日は、東京でも大人気のパティスリーが期間限定で販売するスペシャルなチーズケーキをご紹介しましょう!

クリオロの「ゆずちーずけーき」です!

 

前回に引き続き、10階 催会場にて開催中の「楽天うまいもの大会」より毎年行列のできる絶品スウィーツを紹介します。

クリオロは、池袋からも近い、有楽町線の小竹向原駅からすぐの場所に本店を置くパティスリー。2009年には、高級住宅街のある東横線の中目黒駅にもお店をオープンし、注目を集めています。

 

クリオロのシェフのサントス・アントワーヌ氏は、フランス・プロヴァンス出身で、フランス、スイス、イギリスなどヨーロッパ各地でシェフパティシエを務めたのち、飴細工のバランス感覚を養おうと生け花を学びに来日されました。

 

来日後は京都の洋菓子店「バイカル」や、フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ・ジャポン(東京)」などで技術指導やレシピ開発などを務められ、 2003年にパティスリー「エコール・クリオロ」をオープン。「時代に合った美味しいもので幸せに」という考えのもと、フランスで培ったセンスに日本独特の繊細さを織り交ぜた独自のスイーツを展開。「世界パティスリー2009」において最優秀味覚賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を得るシェフとして様々なメディアや雑誌にも取り上げられています。

 

さて、今回ご紹介する「ゆずちーずけーき」は、濃厚なチーズケーキに柚子(ゆず)を合わせたもの。柚子の爽やかな酸味と皮の部分の味わいが加わり、エレガントな味わいのチーズケーキとなっています。

実は、柚子は、西洋の柑橘類とは、異なった味わいや香りを持っていることから、エキゾチックな柑橘として、

フランスでも注目を集めている果実なのです。フランス人シェフならではの柚子使いを体験してみて!

 

<クリオロ>

ゆずちーずけーき (1本) 1,620円

ジェイアール名古屋タカシマヤ先行販売

10月2日(火)→8日(月・祝)

■10階 催会場 「楽天うまいもの大会」

2018.10.02.Tue

東京でも、知る人ぞ知る銘菓とは

今日は、東京でも、知る人ぞ知る、墨田区の銘菓をご紹介しましょう!

下町バームクーヘンの「アップルクーヘン」です!

 

今日、ご紹介する「アップルクーヘン」は、りんごの芯を抜き、皮を剥き、丸ごとシロップ漬けにして、その周りに幾層にもバームクーヘンの生地を巻いて焼き上げたもの。焼き上げる過程で、リンゴの水分がバームクーヘンに移り、しっとりとした食感に仕上げられた逸品です。リンゴとバームクーヘンのハーモニーをご堪能あれ!

 

そんな逸品が食べられるのは、今年で7回目を数える楽天株式会社と共同で開催している「楽天うまいもの大会」。全国の選りすぐりのお取り寄せグルメが会場で食べれるとあって、毎回大賑わいの名物催しです。

今回は7回目の開催にちなんだ特別限定品や毎回行列のできるグルメが目白押し!

全国の百貨店の催事でも大人気の東京の銘菓を是非この機会に味わってみて!

 

<下町バームクーヘン>

アップルクーヘン (1個)1,296円 <各日350個限り>

10月2日(火)→8日(月・祝)

■10階 催会場 「楽天うまいもの大会」

 

 

 

 

2018.09.29.Sat

☆クリスマスケーキ☆予約開始速報

来週、10月3日(水)より、クリスマスケーキの予約開始です!!

早いもので、今年もあと3カ月余・・・。  いよいよ、クリスマスケーキの予約が開始されます!

 

まだ、早い!?

 

いえいえ、クリスマスケーキは台数限定のものが多く、人気のケーキは初日に完売してしまうことも!!

 

コンシェルジュが注目した今年の作品、ベスト3は次のとおり!

 

1、ミッシェル・ブラン 「ソルシエール」

 

今年のクリスマスケーキカタログの表紙にも採用されている、「森のクリスマス」をイメージした、豪華なクリスマスケーキです! ショコラの生地にチョコレートと赤い実のムースやコンフィチュールを重ね、全体を香り高い紅茶のムースで包んだオシャレなケーキ。さくらんぼうあフランボワーズの甘酸っぱさと濃厚な味わいのショコラがベストマッチ!

 

<ミッシェルブラン>

ソルシエール(約12×13cm) 7,344円(180台限り)

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「ブッシュ・ド・ノエル サヤ」

ヘーゼルナッツのサブレに香り高いピスタチオのクリームと苺のクリームを重ねた、斬新なハート型のケーキ!切り口も、ピスタチオの緑と苺の赤で見事にクリスマスカラーを表現!苺のやさしい酸味とピスタチオのコク、ヘーゼルナッツのサブレの香ばしさが見事なハーモニーを奏でます。女子のクリスマス会にピッタリの逸品です!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

ブッシュ・ド・ノエル サヤ (約16×6.5cm) 5,832円 (100台限り)

タカシマヤ限定

 

3、オーボンヴュータン 「トレーズ・デセール」

フランス菓子界の重鎮、河田シェフの作品は一味違います。トレーズ・デセールとは、「13種類のデザート」という意味。南仏プロヴァンスではクリスマスイブの夜、グロ・スーペという質素でありながらもボリュームのある食事を家族揃って食べます。それを締めくくるのがトレーズ・デセールです。

 

「13」というのは、最後の晩餐の会食したキリストと12人の使徒を表しています。厳密に13種類のお菓子が決まっているわけではありませんが、欠かせないのは、キリストを表す「ポンプ・ア・ルイユ」(オリーブオイルを練り込んだパン。写真左上の葉脈模様が入ったもの)、それから、4つの托鉢修道会のシンボルとなっているドライフルーツやナッツ。善と悪を表す、白と黒のヌガーなど。右手前に見えるのは、「カリソン・デクス」と呼ばれる、プロヴァンスの銘菓。アーモンドペーストで作られたしっとりとしたお菓子です。

 

<オーボンヴュータン>

トレーズ・デセール (箱約19×12.5cm) 7,555円(50台限り)

 

 

ひとつひとつのお菓子が持つ意味合いに想いを馳せながら、スイートワインを片手に、イヴの夜をゆっくり過ごされてはいかがでしょうか?

 

  • クリスマスケーキご予約承り

10月3日(水)→12月16日(日)

■10階 クリスマスケーキご予約承りコーナー

 

 

  • クリスマスケーキお渡し

12月22日(土)→25日(火)

■10階 催会場内特設コーナー

※商品によってお渡し日が異なります。

※商品内容・箱・パッケージが変更となる場合がございます。

2018.09.28.Fri

絶品!! 京都の黒豆スウィーツ

今日は、知る人ぞ知る、絶品の「黒豆スウィーツ」を紹介しましょう!

丹波園の「黒豆スウィーツ」です!

「丹波園」は、京都市上京区に本店を置く丹波黒豆のお茶や甘味で知られるお店。

コンシェルジュおすすめの黒豆スウィーツは次の2つ!

 

丹波黒しぼり豆

上品な甘味が特徴の丹波産黒豆をじっくり煮込み、冷風乾燥させた柔らかなうす甘納豆。

一度食べ始めると、ついつい手が伸びて、止まらなくなる美味しさです!

 

丹波黒豆煮

丹波産の大粒黒豆を天然水を使ってじっくり煮込んだ甘さ控えめの煮豆で、ふっくら柔らかく上品な味わいに仕上げられています。残った煮汁は、牛乳やヨーグルト等に混ぜても美味しくいただけます!

 

至福の味わいの丹波黒豆を是非この機会に味わってみて!

 

<丹波園>

丹波黒しぼり豆 (150g) 1,080円

丹波黒豆煮 (330g) 2,160円

開催中→10月2日(火)

■地下1階 特設会場

2018.09.25.Tue

見逃すな! あの東京の有名パティスリーが登場!

 <トシ・ヨロイヅカ>の登場です!

 

鎧塚俊彦氏は、守口プリンスホテルを皮切りに、スイスのツッカベッカライ「エルマティンガー」、フランス・パリの名店「ストーレー」などで修行され、2000年にはパリのコンクール「INTERSUC2000」で優勝されました。2002年には<トシ・ヨロイヅカ>ブランドを立ち上げられ、2007年にはトシ・ヨロイヅカ

ミッドタウンを開店されました。その後も2010年には、エクアドルにトシ・ヨロイヅカカカオファームを立ち上げられ、ショコラ作りにも注力されています。

 

華やかな生菓子は、お好みのものをご購入いただくとして・・

<トシ・ヨロイヅカ>で、是非忘れずに味わってほしいお菓子を2つご紹介!

 

トシ・マンデル・クローネ

焼き菓子で、是非味わっていただきたいのが、こちら。スイスで修行されたお店で試行錯誤に試行錯誤を重ねて完成され、現地での就労ビザを取得するきっかけともなった、シェフが「全く売れなくなることがあっても一生作り続ける」と語るお菓子です。サクサクのパイ生地の中には、しっとりとしたアーモンドクリーム。表面にはシナモン風味のシュトロイゼル。素朴ながら奥深い味わいの焼き菓子です。テレビでも紹介され、連日行列となったお菓子でもあります。

 

コレクション2017

 

カシスフィグ、金ゴマキャラメル、ペーシュ・シトロン、和三盆の4種入りのボックス。 2017年サロン・デュ・ショコラ パリ 出展作品『Les Coupe de Coeur』受賞されたもの。<トシ・ヨロイヅカ>のショコラの真髄を知ることができる詰め合わせです!

 

是非この機会を逃さず、東京で不動の人気を誇るパティスリーのお菓子を味わってみて!

 

 

 

<トシ・ヨロイヅカ>

トシ・マンデル・クローネ (1個) 1,001円

コレクション2017(4個入) 1,901円

9月26日(水)→10月2日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

※鎧塚俊彦氏 来場予定

9月26日(水)→9月28日(金)、10月1日(月)

 

 

2018.09.21.Fri

期間限定! お彼岸スウィーツ

お彼岸ですね。お墓参りに行かれる方も多いでしょう。

2018年の秋のお彼岸(おひがん)は、9月20日〜9月26日です。
お彼岸というのは、春、秋 2回あり、それぞれ「春分の日」「秋分の日」を中日(ちゅうにち=中心の日)とし、前後3日間、を合わせた7日間をいいます。

さてさて、お彼岸につきもののスウィーツといえば「ぼたもち」「おはぎ」!
それぞれ、春の「牡丹(ぼたん)」、秋の「萩(はぎ)」の花にちなんだ呼び方です。
本来は、春の「ぼたもち」は、つぶあん、秋の「おはぎ」は、こしあん で作られていましたが、今はあまり区別しなくなりました。
それでは、コンシェルジュおすすめの「ぼたもち」「おはぎ」を紹介しましょう!

1、たねや 「おはぎ」

 

こちらのおはぎは、米どころ近江のお米に麦や大豆などの十穀をあわせ、ふくよかに仕上げられたもの。みずみずしい粒餡には厳選された北海道産小豆を使用。甘さ控えめの小豆と、別添えにされた香ばしいきな粉が印象的な一品です。

<たねや>
おはぎ (2個入) 476円
9月23日(日・祝)までの販売
■地下1階 和菓子売場

2、叶 匠壽庵 「おはぎ」

ふっくらと炊き上げた近江浅井大納言小豆で、近江羽二重餅米を包んだ、美味しさたっぷりのおはぎ。
見た目にもみずみずしく、柔らかくトロリとした餡に、もっちりとした餅が包まれた絶品おはぎです!

<叶 匠壽庵>
おはぎ (3個入) 648円
9月23日(日・祝)までの販売
■地下1階 和菓子売場

3、鈴懸 「おはぎ」

十勝産小豆のつぶあんとひきわり羽二重もちでなめらかに仕上げられています。丸い形が特徴的で、小豆の風味を存分に味わえる昔ながらおはぎです。

<鈴懸>
おはぎ (1個入) 227円
■地下1階 和菓子売場

これらのほかにも、今、和菓子売り場には、美味しそうな「おはぎ」がいっぱい!
是非、立ち寄ってみて!

2018.09.18.Tue

新宿駅で大人気のスウィーツとは?

新宿駅南口の商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」にオープンし、大人気となっているお店、

「バターバトラー」

が皆様の熱いご要望にお応えして、再び登場です。

バターバトラーは厳選したバターを使用し、バターの風味を大切に、バターの持つ個性を最大限に引き出した、今までに味わったことのないプレミアム感高いスウィーツを提供する新ブランドです。「バトラー」には「執事」という意味が込められており、まったく新しいスウィーツを提供したいという想いが込められています。

 

1、「バターフィナンシェ」

 

焼き上げるとミルクのような甘い風味となる「発酵バター」と、有名なフランス産「ゲランドの塩」を使った、こだわりのフィナンシェです。表面はカリッと焼き上げ、中はメープルシロップをしみ込ませて、しっとりと仕上げられています。

 

2、「バターガレット」

 

フランス産「発酵バター」「ゲランドの塩」を使ったガレット。“サクッ”“ホロっ”と口の中でほどける食感が特徴のフランス伝統菓子です。

 

3、「バターキャラメルポット」

バターを効かせたタルト生地の器に、カスタードクリーム、ビターなキャラメルソース、

さらにマスカルポーネのクリームを流した3層仕立ての贅沢な逸品です。

 

東京・新宿で話題の、バターをたっぷり使ったスウィーツをぜひご賞味あれ!

 

 

<バターバトラー>

上からバターフィナンシェ (8個入) 1,620円

バターガレット (9個入) 972円

バターキャラメルポット (径約10㎝) 2,592円

9月19日(水)→25日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

 

 

 

 

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.