お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

2017.02.17.Fri

魅惑の☆ぷるぷるスウィーツ☆

今回は、ぷるぷるとした弾力のある食感が

たまらないと評判の〈文の助茶屋〉

「わらびもち」をご紹介しましょう!
170217_sweets_02

〈文の助茶屋〉は、明治末期創業の

らびもちや甘酒で有名な京都のお店。

同店では原料にこだわり、

品質の安定した南九州産「本わらび粉」を使い、

力強い粘りとぷるぷる感、コシがあるけど

まろやかという絶妙な食感の「わらびもち」

生み出しています。

 

一口食べるとまず、まろやかな舌触り、

次にコシのある食感、そして、ほんのりとした

ニッキの香りが鼻を抜けていきます。

それらが深煎りきな粉の香ばしさと合いまって

調和する味わいは絶品です!
170217_sweets_03
「ニッキ味」のほか、「抹茶」「黒豆」の

3種類が楽しめる「わらびもち(3種詰合せ)」

真空パックになっていて日持ちするので

手土産に最適です!!

 

 

 〈文の助茶屋〉
わらびもち(2人前) 756円
わらびもち(3種詰合せ) 1,080円
2月21日(火)まで/地下1階 ウイークリースポット

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.