お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

バックナンバー

2017.12.15.Fri

並んでも買いたい、人気のお菓子

今日は、他店で最大5時間待ちとも言われた大行列を記録した

大人気の菓子をご紹介!

 

<グランカルビー>です!

 

 

<グランカルビー>とは、ポテトチップスで有名な<カルビー>が

素材と食感にこだわって開発した高級ポテトチップスのラインアップで、

この12月に商品も新しい製法にリニュアル。

揚げた後に“炙る”工程をプラスすることでじゃがいもの風味が閉じ込められ、

香ばしさが旨みを一層引き立てる「炙りクリスプ」となりました。

 

フレーバーのラインアップはこちら。

しお     :シチリア島産岩塩を100%使用。

        上品でシンプルな飽きのこない味わいに炙りをプラスして、

        更に旨みが増しました。

北海道バター    :バターパウダーは北海道産バターを100%使用。

            芳醇な風味とふんわりした甘さを炙りでぐっと引き締めました。

カマンベールチーズ:まるでカマンベールチーズを食べているような濃厚なおいしさと

              炙りの香ばしさが、ワインにぴったりです。

トマト&バジル:酸味が広がるトマト味にバジルのバジルのさわやかさをプラス。

          炙ることで旨みの奥行きがさらに深くなりました。

ローストビーフ:オニオンにガーリック、黒こしょうで味を調え、こんがりと炙った

          ローストビーフ味。あと引くおいしさが大人の味覚をくすぐります。

マロン    :香り高いマロンとコクのあるミルク風味にほんのり洋酒をきかせました。

                  やさしい甘さと炙りの香ばしさがハーモニーを奏でます。

 

待ち時間の方は、さすがに最近は落ち着きましたが、

それでも20~30分待ちということも・・・。

 

いろいろ試して、好みのフレーバーを見つけてみて!

 

 

<グランカルビー>

グランカルビー (各1種) 580円

■12月28日(木)までの販売/地下1階 ウィークリースポット

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.