お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

バックナンバー

2018.01.23.Tue

テレビでも話題沸騰!!人気の抹茶スウィーツ

今、百貨店の催事で人気の「抹茶スウィーツ」のお店をご存じでしょうか。

 

<伊藤久右衛門>です!

 

<伊藤久右衛門>は、天保3年(1832年)創業の京都・宇治に本店を構える

宇治茶の老舗ですが、こちらのお店が作る「抹茶スウィーツ」が

数々の情報番組などで紹介され、今 話題となっています。

 

今日は、その「抹茶スウィーツ」の中でもコンシェルジュがイチオシの

「宇治抹茶だいふく」をご紹介しましょう!

こちらの「宇治抹茶だいふく」は、挽きたての宇治抹茶をぜいたくに使い、

丹念に炊き上げた「抹茶あん」に生クリームをブレンド。

宇治抹茶をたっぷり使用したあんは、抹茶に熱がかかりすぎないよう

職人が混ぜるタイミングを見極め、特有の色や香りを最大限に活かしています。

また、四国の和三盆を使用することで、上品ですっきりとした甘みに

仕上げられています。

 

食べた瞬間、口いっぱいに“じゅわ~っ”と広がるまろやかで濃厚な

抹茶の味わいが秀逸です!!

 

「抹茶あん」を包むのは、独自の製法で作った、

とっても柔らかでふんわりとした大福生地。

通常の生地は冷やすと固くなりますが、この生地はふんわりと柔らかいまま。

空気をたくさん含ませることで、いつまでも固くならない、

ふんわりと柔らかな生地を作り出しているのだとか。

職人さんのこだわりが生んだ驚きの食感です。

 

ぜひ、この機会に大人気の「抹茶スウィーツ」を味わってみて!

 

箱入りもあるので贈り物にも最適です。

 

 

<伊藤久右衛門>

宇治抹茶だいふく(6個入) 1,361円

■1月24日(水)→2月14日(水)までの販売/地下1階 特設会場

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.