お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

バックナンバー

2018.06.08.Fri

つるりん、とろりん スウィーツ

今日は、蒸し暑いこの時期でも、さっぱりといただける、食感とのど越しのよいスウィーツを紹介しましょう!

 

藤菜美の「ほろり」と「わらび餅」です!

 

藤菜美は、1982年創業。老舗が軒を連ねる京都にあっては新しいお店です。

京都祇園の踊りの先生が趣味で作った「おだんご」が評判となり、お店となったのが始まり。京都の昔ながらの味わいを大切にして、素材を厳選し、作り立て、出来立てにこだわる姿勢が高く評価され、人気のお店となっています。今日はこちらで特に人気の商品を2つ紹介しましょう。

 

 

上:茶の露ほろり

こちらは、抹茶の香りと味わいが存分にたのしめる「抹茶ゼリー」。とても柔らかな食感で、つるりんとしたのど越し。ゼリーそのものは、甘さ控えめで、別添のあんこと合わせるとちょうど良くなりますが、「ほろり」ファンは、抹茶ゼリー本来の味わいを楽しみたいと、ゼリーとあんこを敢えて別々に召し上がる方も多いのだとか。

 

下:わらび餅3色詰合せ

京都のわらびもちは、関東のものに比べると一般的に柔らかめですが、こちらの「わらび餅」は、口に入れると、上品な甘さのきなこの風味が広がり、とても艶やかで柔らかく、とろり~んとした食感が印象的です。ただ柔らかいだけではなく、ほどよい弾力もあり、舌触りも絶妙で、人気となっているのも納得!1折で4~5人前とのことですが、2人でもペロリと食べてしまえそうです。

 

こちらの「わらび餅」は、きちんと本わらび粉を使用し、バリエーションは、「わらび餅(きなこ)」のほか、抹茶、黒糖があります。一般にわらびもちは、冷蔵庫に入れてしまうと固くなってしまいますが、こちらは冷やしてもしまりすぎず、とても美味しくいただけます。

 

さあ、美味しいスウィーツでパワーチャージして、蒸し暑い時期を乗り切りましょう!

 

 

<藤菜美>

茶の露ほろり (1個) 350円

わらび餅3色詰合せ (1折) 1,301円

■開催中→6月12日(火) / 地下1階 ウィークリースポット

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.