お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

バックナンバー

2018.09.29.Sat

☆クリスマスケーキ☆予約開始速報

来週、10月3日(水)より、クリスマスケーキの予約開始です!!

早いもので、今年もあと3カ月余・・・。  いよいよ、クリスマスケーキの予約が開始されます!

 

まだ、早い!?

 

いえいえ、クリスマスケーキは台数限定のものが多く、人気のケーキは初日に完売してしまうことも!!

 

コンシェルジュが注目した今年の作品、ベスト3は次のとおり!

 

1、ミッシェル・ブラン 「ソルシエール」

 

今年のクリスマスケーキカタログの表紙にも採用されている、「森のクリスマス」をイメージした、豪華なクリスマスケーキです! ショコラの生地にチョコレートと赤い実のムースやコンフィチュールを重ね、全体を香り高い紅茶のムースで包んだオシャレなケーキ。さくらんぼうあフランボワーズの甘酸っぱさと濃厚な味わいのショコラがベストマッチ!

 

<ミッシェルブラン>

ソルシエール(約12×13cm) 7,344円(180台限り)

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「ブッシュ・ド・ノエル サヤ」

ヘーゼルナッツのサブレに香り高いピスタチオのクリームと苺のクリームを重ねた、斬新なハート型のケーキ!切り口も、ピスタチオの緑と苺の赤で見事にクリスマスカラーを表現!苺のやさしい酸味とピスタチオのコク、ヘーゼルナッツのサブレの香ばしさが見事なハーモニーを奏でます。女子のクリスマス会にピッタリの逸品です!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

ブッシュ・ド・ノエル サヤ (約16×6.5cm) 5,832円 (100台限り)

タカシマヤ限定

 

3、オーボンヴュータン 「トレーズ・デセール」

フランス菓子界の重鎮、河田シェフの作品は一味違います。トレーズ・デセールとは、「13種類のデザート」という意味。南仏プロヴァンスではクリスマスイブの夜、グロ・スーペという質素でありながらもボリュームのある食事を家族揃って食べます。それを締めくくるのがトレーズ・デセールです。

 

「13」というのは、最後の晩餐の会食したキリストと12人の使徒を表しています。厳密に13種類のお菓子が決まっているわけではありませんが、欠かせないのは、キリストを表す「ポンプ・ア・ルイユ」(オリーブオイルを練り込んだパン。写真左上の葉脈模様が入ったもの)、それから、4つの托鉢修道会のシンボルとなっているドライフルーツやナッツ。善と悪を表す、白と黒のヌガーなど。右手前に見えるのは、「カリソン・デクス」と呼ばれる、プロヴァンスの銘菓。アーモンドペーストで作られたしっとりとしたお菓子です。

 

<オーボンヴュータン>

トレーズ・デセール (箱約19×12.5cm) 7,555円(50台限り)

 

 

ひとつひとつのお菓子が持つ意味合いに想いを馳せながら、スイートワインを片手に、イヴの夜をゆっくり過ごされてはいかがでしょうか?

 

  • クリスマスケーキご予約承り

10月3日(水)→12月16日(日)

■10階 クリスマスケーキご予約承りコーナー

 

 

  • クリスマスケーキお渡し

12月22日(土)→25日(火)

■10階 催会場内特設コーナー

※商品によってお渡し日が異なります。

※商品内容・箱・パッケージが変更となる場合がございます。

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.