お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

バックナンバー

2018.10.19.Fri

秋の芋、栗 スウィーツ

秋といえば、いも・くり・なんきん・・・

というわけで、今日は、芋と栗のスウィーツを紹介しましょう!

 

1.浅草 満願堂 「芋きん」

浅草 満願堂は、明治19年(1886年)創業の老舗和菓子店。「芋きん」とは、サツマイモを使った「金つば」のこと。満願堂では、小麦粉と焼き芋粉をブレンドした生地を「いもあん」の六面につけて鉄板でその場で焼き上げています。店頭で買って食べる出来立ては、熱々のホクホク!美味しいさつまいもを、そのままペーストしたような自然の味わい。テイクアウトした場合でも、オーブントースターで軽く温めれば、変わらぬ美味しさでいただけます。

 

<浅草 満願堂>

芋きん (1個) 130円

開催中→23日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

2.京丹波 「焼ポン」

 

京丹波は、京都の錦市場に本店を置く、2002年に設立された比較的新しい会社。「焼ポン」は、大きな栗を、いわゆるポン菓子の機械に入れて圧力をかけて焼いた「焼き栗」です。2003年には、焼ポンの特許を取得し、全国にフランチャイズ展開をするとともに、各種博覧会にも出店している人気のお店です。

焼ポンは、皮もすぐにとれ、柔らかく、何も加えないので、栗本来の味わいが楽しめます

 

<京丹波>

焼ポン (270g)1,080円

開催中→23日(火)

■地下1階 特設会場

 

 

食欲の秋、スポーツの秋。 美味しいスウィーツでパワーチャージして頑張りましょう!!

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.