お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

2019.06.14.Fri

期間限定!ハワイアンスウィーツ

昨日から10階 催会場で開催されている「ハワイフェア2019」。

今日は、このイベントで注目すべきスウィーツをご紹介!!

 

1、バナン 「オリジナルバナナ」

  

※写真はイメージです

 

バナンは、フランス語で「バナナ」の意味。2014年にダイアモンドヘッドのフードトラックからスタートし、現在はカハラ、ハワイ大学通り、ワイキキに店舗を構えています。

 

ミルクたっぷりのソフトクリームのように見えますが、実は「バナナ」を使ったソフトクリームなんです! 砂糖・乳製品を使用していないため、ヘルシーなところがポイント。

 

オリジナルのバナナソフトクリームには、いちごやパパイヤ、パイナップルなどの新鮮なフルーツ、話題のスーパーフード キヌアなどをトッピング。パフェのようなスウィーツで写真映えまちがいなし!

 

<バナン>

オリジナル(バナナ)(1杯)1,001円

 

 

 

 2、ショコレア 「マカデミアナッツクラスター」

   

Choco Le’a(ショコレア)は、オアフ島ホノルル、マノアにあるキュートなチョコレート専門店です。

経営者の一人であるエリンさんがチョコレート作りの名人である叔父さんとホームパーティーなどで手作りチョコレートを出していたのがはじまり。やがて、その美味しさが評判となり、ケータリングビジネスをスタート。パーティーなどに「トリュフ」を提供したり、結婚式の引出物を製作。人気はどんどん高まり、ついに2014年にマノアにお店をオープンしました。

お店のロゴは、ハワイの固有種の小鳥、Koaʻe ʻUlaをデザインしたもの。小鳥がくわえているのは、カカオの小枝。「チョコレートを通じて世界に平和を広げたい」という思いから、売り上げの一部は様々な慈善団体、非営利団体を通じて、タイの孤児院や子どもたちのプログラムのために使われています。

 

<ショコレア>写真左から

ダークチョコレート マカデミアナッツクラスター(1袋)999円

ミルクチョコレート マカデミアナッツクラスター(1袋)999円

ホワイトチョコレート マカデミアナッツクラスター(1袋)999円

ダークチョコレート サボン(1袋)1,188円

 

今回初登場の<バナン>と<ショコレア>、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ハワイフェア2019

6月13日(木)→18日(火)/10階 催会場

※最終日は午後5時閉場

※イートインのラストオーダーは閉場30分前まで

ハワイ州以外の原材料を使用している商品および、ハワイ州以外で製造された商品もございます。

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.