お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

バックナンバー

2019.07.26.Fri

季節感あふれるスウィーツ

今日は、この時季ならではの、季節感あふれるスウィーツを紹介しましょう!

 

玉井屋本舗「登り鮎」です!

          

今回ご紹介する「登り鮎」は、<玉井屋本舗>が創業した明治41年に初代が考案したお菓子。上質の小麦粉に卵をたっぷり使ったカステラ生地で、もちもちした求肥(ぎゅうひ)を包み、長良川の清流に遊ぶ若鮎を型取って焼き上げた和菓子です。

 

楕円形のカステラ生地に求肥をのせて二つ折りにしたのち、尾の部分をねじりあげるのが<玉井屋本舗>の特徴。目と口を描く焼印も凛とした表情になるよう、職人が1つ1つ工夫を凝らしています。その小さな顔立ちにキリッとした容姿、香り高いその味わいは、まるで長良川の鮎のようです。

 

<玉井屋本舗>登り鮎(1個)130円

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

  • ※いずれも売切れの節はご容赦ください。
  • ※価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • ※2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、
    現在価格とは異なります。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.