お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

バックナンバー

2019.02.15.Fri

全国のデパートで行列のチーズケーキとは?

全国の百貨店の催事で、今、行列となっているチーズケーキをご存知でしょうか?

 

京都パティスリー ボゥ・ベル・ベルの「京都とろけるチーズケーキ」です!

ボゥ・ベル・ベルは、2002年に京都市西京区に開店した、山田穂海氏がオーナーパティシエを務めるパティスリー。ボゥ・ベル・ベル(Beau,bel,belle!)とはフランス語で「優雅な」「上品な」という意味の最上級を表す言葉。お店のコンセプトは『シンプルの中に真のエレガントがある』。アトリエのすぐ側に売場を設け、窯から出てくる焼き立ての生地、朝届いたばかりの新鮮な卵、激しくまわるミキサーの音など臨場感あふれる様子を顧客が楽しみながら買い物が出来る空間作りがなされています。

 

こちらのお店で一番人気なのが「京都とろけるチーズケーキ」!

上面は、粉砂糖とケーキクラム。本体部分は、クリームチーズに生クリームを加えた、軽やかなレアタイプのチーズケーキ。ほんのりと酸味があり、後味にはしっかりとクリームチーズの味わいが残ります。底に敷かれた口どけのよいジェノワーズ生地(スポンジ)とのハーモニーも絶妙で上品な味わいのチーズケーキです!!

 

バリエーションとしては・・

宇治抹茶とクリームチーズの和風レアチーズ「京都とろけるお抹茶チーズケーキ」、ラムが香るちょっとリッチな大人スウィーツ「レーズンウィッチーズ」のほか、季節限定の「京都とろけるいちごチーズケーキ」などがあります。

 

新食感のチーズケーキを是非お試しあれ!!

 

<京都パティスリー ボゥ・ベル・ベル>

京都とろけるチーズケーキ (1本) 1,350円(写真:左)

京都とろけるお抹茶チーズケーキ (1本) 1,512円(写真:右)

レーズンウィッチーズ(1本)1,620円

京都とろけるいちごチーズケーキ(1本)1,512円

2月15日(金)→19日(火)

■地下1階 特設会場

2019.01.15.Tue

いちご好き必見! 魅惑の苺スウィーツ!!

この時季、旬を迎えているのが「い・ち・ご」!

今、魅惑的な苺スウィーツがあちらこちらに登場!!

 

コンシェルジュオススメのベスト3を紹介しましょう!

1.両口屋是清 「どらっぽ いちご」

両口屋是清といえば、どら焼きの「千なり」が有名ですが、同店がサカエチカ内で展開する「ふわどらん」という、どら焼き専門店には「どらっぽ」というどら焼きがあります。「千なり」より小さめで、皮はふわふわ、もっちり。表面には妖精どらっぽの焼き印が!こちらの皮にジューシーな「とちおとめ」と苺クリーム、同店こだわりのつぶあんをサンドしたのが「どらっぽ いちご」!ジェイアール名古屋タカシマヤ限定商品です!

 

<両口屋是清>

どらっぽ いちご (1個) 324円

1月16日(水)→29日(火)

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

■地下1階 和菓子売場

※各日午前11時30分より販売

 

 

2.鈴懸 「苺大福」

「なあ〜んだ、苺大福か」そう思ったあなた!

実はこの苺大福、東京の某デパートの売場で、1日になんと2300個も売れた大人気商品ですぞ!!

それもそのはず。この苺大福は、「主役の苺をより美味しく感じるためにはどうすればよいか」という発想の下皮もあんも徹底的に考え抜かれた作品なのです。主役の苺には契約農家から直接仕入れる「あまおう」! あまおうの甘さよりもあんが甘くなりすぎないよう甘さ控え目に。なめらかな舌触りになるように小豆の皮をむいてしっかりこす。皮の求肥は中のあんが透けるくらいに極薄に。従来の苺大福の概念をくつがえす逸品です!!

 

<鈴懸>

苺大福 (1個) 324円

≪名古屋地区百貨店当店限定≫

■地下1階 和菓子売場

 

 

3.ア ラ カンパーニュ 「タルト オ レッドパール」

三重県産「レッドパール」苺を贅沢にトッピングした豪華な苺タルトです。苺の下には、苺のムース、フランボワーズのジュレ、チョコスポンジが敷かれています。

「レッドパール??」そう思った方も多いはず。スーパーなどではあまり見かけない品種です。甘みと酸味のバランスが良いので最近パティシエに注目されている品種です。

是非、この機会に味わってみて!!

 

<ア ラ カンパーニュ>

タルト オ レッドパール (1個) 648円

1月16日(水)→2月5日(火)

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

■地下1階 洋菓子売場

 

 

以上の3つのほかにも、春のめざめを感じる旬のいちごが満喫できるフェアが開催!

  • ベリー ベリー フェスティバル

1月16日(水)→2月5日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート、各階喫茶

 

 

 

 

2019.01.08.Tue

あの「幻のケーキ」が再び販売される!?

東京のデパートでも入手困難といわれ、争奪戦が繰り広げられるあの「幻のケーキ」が再び販売されます!!

小布施堂の「朱雀モンブラン」です!

 

マニアの間で究極のモンブランと言われているのが、

小布施堂の「栗の点心、朱雀」!

こちらは、長野県にある小布施堂のお店で、9月中旬から10月中旬の限定でのみ食べられる幻のスウィーツ。お店の開店が午前9時なのに、なんと午前4時から行列ができるという凄まじい競争率!

一般人にはとても無理・・・ですよね!?

 

なんと、その「栗の点心、朱雀」をアレンジし、「モンブラン」に仕立てたのが「朱雀モンブラン」!

タルト生地に渋皮栗やカスタードクリーム・スポンジ・生クリームを重ね、仕上げに濃厚な味わいの栗あんを“ぎゅっ”としぼったもの。フランス風のモンブランの場合、マロンペーストにはバターや生クリームが加えられますが、こちらの栗あんは、ほぼ純度100%の和栗のみ!栗本来の味わいを楽しめます。

 

そしてアクセントには、カシスが入れられています!なぜ、栗にカシス?と思われるかもしれませんが、

マロンにカシスを合わせるのはフランス菓子の世界では定石。チョコレートにオレンジを合わせるのと同じ感覚です。一つ一つ栗の葉を敷いた板の上にのせられ、透明なプラスティックに入れられた、高級感あふれる豪華なモンブランです!

 

東京や大阪の百貨店でも売られることがありますが、

手作りのため提供される数量がわずかで、あっという間に完売してしまい、「幻のモンブラン」とも言われているのです。

 

東京でも入手困難な商品です!ぜひ、ゲットしてください!!

 

<小布施堂>

朱雀モンブラン (1個) 1,620円

1月9日(水)→15日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

2018.12.25.Tue

見逃すな! 絶品☆レアチーズケーキ☆

24日のイブにクリスマスケーキを食べたけれど・・

まだまだ、ケーキが食べたいなあ〜  という方のために今日は絶品のレアチーズケーキを紹介!

 

小樽洋菓子舗 ルタオの「ネージュブラン」です!

 

ルタオと言うと「ドゥーブルフロマージュ」が有名ですが、今日は期間限定販売のケーキを紹介しましょう!

こちらは、「北海道産カマンベールチーズ」と「北海道産クリームチーズ」の2種類のチーズを使って、北海道の真っ白な雪原をイメージした、ふわっと優しい感じのレアチーズケーキです。
フランス産のはちみつソースによって、チーズのコクと風味を引き出し、柔らかでフワフワの新雪をイメージしたスポンジ生地を乗せて、仕上げにダイヤモンドダストが舞うかのようにシュガーパウダーが振りかけられています。

口に入れると、ほどよいチーズの味わいとハチミツの甘さが感じられ、ふわっと軽い食感で溶けるように消えていきます。チーズは、爽やかなミルキーな感じで、チーズ特有の臭さは全く感じさせない逸品です!

箱入りで、手土産にも最適です。

<小樽洋菓子舗 ルタオ>

ネージュブラン (1個/径約12cm) 1,944円

12月20日(木)→2019年1月17日(木)

■1階 北ブロック デリシャスコート

2018.12.21.Fri

当日でも間に合う 絶品クリスマスケーキ!

みなさ〜ん!

クリスマスイヴは、今度の月曜日。そして今日は金曜日。クリスマスイヴまで、あと3日!

クリスマスケーキの準備は万全ですか?

 

なんと・・・  忙しくて予約するのを忘れた!?

大丈夫!! 今日は予約なしでも買えるステキなクリスマスケーキを紹介しましょう!

 

ヴィタメールのクリスマスケーキです!!

 

ヴィタメールといえば、1910年創業、ベルギー王室御用達の老舗ブランドです!

ベルギー王室のフィリップ皇太子とマチルダ妃のウェディングケーキを製作したのもこちらのお店。

婚約中のフィリップ皇太子が20種類ものケーキを試食し、その中から選ばれたのがこちらのケーキだったのです!! そんなお店のクリスマスケーキを買っていけば、胸を張って?家に帰れますよね。

 

コンシェルジュのオススメは次の3つ!

 

1.フレーズ・ド・ヴィタメール

「クリスマスケーキといえば、苺!」という方にオススメなのがこちら!

こちらのケーキ、スポンジにはさまれた真ん中の層にも苺がたっぷり入っており、ふんわりスポンジと口溶けなめらかなクリーム、甘酸っぱい苺の組み合わせは絶品です!

 

 

2.ショコラ サンバ

「チョコレートケーキが、好み」という方にはこちら!

こちらのケーキは、なんと世界各国のフランス菓子のトップパティシエとショコラティエで構成されているルレ・デセール協会のチョコレートトロフィーを受賞したヴィタメールの代表作!!

ほろ苦いビターのチョコレートムースで、ミルクチョコレートムースを包み、チョコスポンジ、チョコソースを合わせた、まさにチョコレート尽くしの一品です!

 

 

3.パルテール

「ムース系の華やかなケーキがいい」という方にはこちら!

フランボワーズと苺のムースの中には、赤すぐりの実をとじ込めたホワイトチョコレートとライムのムースをアクセントに。これに味わい深いアーモンドのスポンジを合わせた一品。表面にフルーツをオシャレに飾りつけた華やかなクリスマスケーキです。

 

 

これらのクリスマスケーキは、当日も購入可能とはいえ、やはり台数は限りが!

売場に急いで!!

 

 

<ヴィタメール>

1.フレーズ・ド・ヴィタメール (1台/径約15cm) 4,428円

2.ショコラ サンバ  (1台/径約15cm) 4,104円

3.パルテール (1台/径約15cm) 4,320円

12月25日(火)までの販売

※2は12月22日(土)→25日(火)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

2018.12.11.Tue

クリスマスケーキの予約 締め切り迫る!!

クリスマスまであと2週間!

 

皆様、クリスマスケーキの御予約はお済でしょうか?

締め切りは12月16日。今度の日曜日ですよ〜

 

今日は、今からでも予約可能なステキなクリスマスケーキを紹介しましょう!

 

 

1アンリ・シャルパンティエ 「ノエル・ザ・ショートケーキ」

「クリスマスケーキは、いちご!」という方にオススメなのがこちら!

ふわふわのスポンジに軽い口当たりの生クリームと甘酸っぱい苺の組み合わせが絶妙な一品!

表面は生クリームでリボンをしつらえ、ケーキ全体がクリスマスプレゼントに仕立てられています。

 

<アンリ・シャルパンティエ>

ノエル・ザ・ショートケーキ (1台/径約15cm) 4,860円

 

 

2ケーニヒス クローネ 「パーティークリスマスタルト」

お子様と一緒に楽しめるクリスマスケーキをお探しの方にはこちら!

アーモンドの風味豊かな生地にフルーツとプチシューを飾り、ビスキュイ生地で巻いた3本のパイでお城

の塔を仕立て、華やかにデコレーションされた楽しい逸品。サンタさんと雪だるまものっています!

 

<ケーニヒス クローネ>

パーティークリスマスタルト (1台/径約21cm) 6,480円

<タカシマヤ限定>

 

 

3グラマシーニューヨーク 「グラマシーパーク」

大人っぽいクリスマスケーキをお探しの方にはこちら!

ニューヨークの公園をイメージしたクリスマスケーキです。やわらかで、ふんわりとしたスポンジに、

たっぷりのシャンティクリームをいちごや黄桃などのフルーツとはさんだ、華やかな一品です!

スタイリッシュで女子会にもピッタリです!

 

<グラマシーニューヨーク>

グラマシーパーク (1台/約12×12cm) 4,860円

 

 

  • ジェイアール名古屋タカシマヤ クリスマスケーキ

≪ご予約≫

ご予約承り期間 12月16日(日)まで

ご予約承り場所 10階 クリスマスケーキご予約承りコーナー

≪お渡し≫

お渡し期間 12月22日(土)→25日(火)

お渡し場所 10階 催会場内特設会場コーナー

 

※12月20日(木)までご予約承り可能な商品もございます。

※詳しくは地下1階 洋菓子売場 各ブランドにおたずねください。

2018.10.30.Tue

魅惑のご褒美スウィーツ

秋深し・・

スポーツの秋、勉強の秋。お仕事を頑張っておられる方も多いでしょう。

そんな頑張っている方々に今日は、魅惑的な「ご褒美スウィーツ」をご紹介!

 

1.ミッシェル・ブラン 「サンサ」

フランスの至宝と称される、ミッシェル・ブランからは、秋らしいシックなケーキが登場!

シードル(りんごのお酒)のムースに、キャラメリゼしたりんごをはさみ、ショコラのムースやショコラのビスキュイでほろ苦く仕立てられた、大人のケーキです。

 

<ミッシェル・ブラン>

サンサ (1個) 648円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

2.グラマシーニューヨーク 「紅玉の丸ごと焼きりんご」

おしゃれで豪華なスウィーツが揃うグラマシーニューヨークからは、この季節ならではの、爽やかな酸味のある紅玉りんごをバターでじっくりと焼き上げた逸品が登場!香ばしいアーモンドクリームとのハーモニーがたまりません!上には、チョコレートにディップしたビスキュイ・キュイエールがおしゃれにトッピングされています。

 

<グラマシーニューヨーク>

紅玉の丸ごと焼きりんご (1個) 670円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

 

3、新宿高野 「2色のりんごキャラメルパフェ」

美味しいフルーツを取り扱う老舗として東京でも人気の新宿高野からは、旬の2色のりんごを使ったパフェが登場! りんごのジャムにチョコレートのスポンジ、キャラメルホイップを重ねた豪華なパフェとなっています。

 

<新宿高野>

2色のりんごキャラメルパフェ (1個) 702円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

※11月1日(木)→30日(金)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

 

お仕事や勉強を頑張ったら、自分にご褒美を!!

美味しいスウィーツでパワーチャージして、さらに頑張りましょう!

そんな魅惑的な「ご褒美スウィーツ」が一堂に会するのは、

美食とワインで甘美な秋時間を楽しめる2週間だけの「おいしい毎日」というイベント!

 

  • おいしい毎日

10月31日(水)→11月13日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート、各階喫茶

2018.10.26.Fri

☆ハロウィーンスウィーツ☆

ハロウィーンというのは、もともとは秋の収穫を祝うとともに悪霊を追い払う行事でした。古代ケルト人は、11月1日から翌年の10月31日を1年としており、旧年と新年の境にあたる10月31日はこの世とあの世の扉が開き、悪霊がやってくると考えていました。これがアメリカで民間行事として定着し、今ではほかの国でも仮装パーティーなどを楽しむ日として広まりつつあります。

 

それでは、コンシェルジュおすすめのハロウィーンスウィーツを紹介しましょう!

 

1.ア ラ カンパーニュ 「タルト オ ポティロン」

 

<ア ラ カンパーニュ>は、南仏プロヴァンスをイメージした温かみのあふれるスウィーツで女性やカップルに人気の神戸のパティスリー。特に季節のフルーツを使った大ぶりのタルトは大人気となっています。

「タルト オ ポティロン」は、香ばしくローストしたピーカンナッツ入りのカボチャチーズタルトにカスタードのコクをプラスしたカボチャクリームをたっぷりと合わせたもの。カボチャクリームには、濃厚な味わいを持つ、北海道産「栗まろーね」というカボチャを使用しています。

 

<ア ラ カンパーニュ >

タルト オ ポティロン (1カット)594円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

10月31日(水)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

2.グラマシーニューヨーク 「パンプキンプリン(キャラメルゼリー添え)」

 

可愛らしい生クリームのオバケが乗ったプリン。自然な甘みの濃厚なパンプキンプリンと添えられたキャラメルゼリーがよく合う逸品。食べ進むと、プリンの底にあるカラメルソースが味わいに変化を付けてくれる。

チョコレートの飾りはビターテイストです。

 

<グラマシーニューヨーク >

パンプキンプリン(キャラメルゼリー添え) (1個)630円

10月31日(水)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

 

 

このほかにも、洋菓子売場には、ハロウィーンスウィーツが一杯!

いろいろ買って、ハロウィーンパーティーをするのも楽しいかも!?

2018.10.16.Tue

大人気の東京の定番スウィーツが再び登場!!

日本橋千疋屋総本店の「バナナオムレット」です!

           

 

千疋屋といえば、江戸時代の天保5年(1834年)創業のフルーツの老舗。フルーツを使った生ケーキも多数ラインナップしている中で、根強い人気を誇るのが、定番の「バナナオムレット」です。

 

「バナナオムレット」は、フレッシュで甘みと味わいが濃厚な完熟バナナをたっぷりのホイップクリームとともに、ふんわりとして卵の風味と甘みが感じられるスポンジで包んだもの。

 

さて、気になるオムレツケーキのルーツですが・・

オムレツは、正式にはオムレット(omelette)なのでomelette cake で調べてみても、ほとんどが

スペイン風オムレツのバリエーションで、私たちにおなじみのスウィーツが出てくるのは、海外ではほとんどありません。

 

やはり、日本発祥のお菓子でしょうか・・。スポンジ+ホイップクリーム+フルーツという組み合わせは、ショートケーキと同じで、いかにも日本人好みのスウィーツではあります。

 

一説には、今から40年ほど前に、自由が丘トップというお店が「オムレツケーキ」で有名になり、それが全国に広がったとも。東海地方では「ゴンドラ」という名称で売られていたとも言われますが・・。

皆様の記憶の中にあるでしょうか。

 

食欲の秋、学問の秋、お菓子の歴史に想いを馳せながら、オムレツケーキをほおばるのも楽しいかもしれません。

 

<日本橋千疋屋本店>

バナナオムレット (1個) 378円

10月17日(水)→23日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

2018.10.09.Tue

見逃すな!! 期間限定の秋スウィーツ

10月に入り、ずいぶんと秋らしくなってきました。

夏と冬が長く、春と秋が短いというのが、近年の傾向。あっと言う間に秋が過ぎてしまいます。

・・というわけで、早速この秋限定のスウィーツを紹介しましょう!

 

1、レニエ リヴゴーシュ 「美濃焼プリンの集大成」

まずは、なんといっても、コンシェルジュのイチオシはこちら!

美濃焼きの器の中に、さつまいものプリンとモンブランクリーム、柿、いちじく、甘露芋など秋の味覚が満載された逸品。これ1つで、思い切り秋を堪能できます!

レニエ リヴゴーシュのグランシェフを務められる長谷川享平氏は、30歳で「お菓子屋レニエ」を設立されたのちも、フランス菓子を追求するため、幾度なく渡仏され、日本における本格フランス菓子の担い手として知られています。フランスのエッセンスの詰まった、期間限定の秋スウィーツを是非試してみて!

 

<レニエ リヴゴーシュ>

美濃焼プリンの集大成 (1個) 756円

名古屋地区百貨店当店限定

■地下1階 洋菓子売場

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「サンマルク マロン」

サンマルクは、フランスの伝統的なお菓子の1つで、バニラのクリームとチョコレートのクリームをアーモンドの生地であるビスキュイ・ジョコンドではさんだもの。上の生地はキャラメリゼします。今回の「サンマルク マロン」は、これを濃厚なマロンクリームでアレンジしたもの。キャラメリゼされた部分のほどよい苦みとクリームの濃厚な味わいが融合し、深い大人の味わいとなっています。

 

短い秋の期間のあいだに、是非、秋スウィーツを満喫しましょう!!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

サンマルク マロン (1個) 701円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

●秋の収穫祭

10月10日(水)→30日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート 各階喫茶

 

 

 

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.