お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

2018.10.16.Tue

大人気の東京の定番スウィーツが再び登場!!

日本橋千疋屋総本店の「バナナオムレット」です!

           

 

千疋屋といえば、江戸時代の天保5年(1834年)創業のフルーツの老舗。フルーツを使った生ケーキも多数ラインナップしている中で、根強い人気を誇るのが、定番の「バナナオムレット」です。

 

「バナナオムレット」は、フレッシュで甘みと味わいが濃厚な完熟バナナをたっぷりのホイップクリームとともに、ふんわりとして卵の風味と甘みが感じられるスポンジで包んだもの。

 

さて、気になるオムレツケーキのルーツですが・・

オムレツは、正式にはオムレット(omelette)なのでomelette cake で調べてみても、ほとんどが

スペイン風オムレツのバリエーションで、私たちにおなじみのスウィーツが出てくるのは、海外ではほとんどありません。

 

やはり、日本発祥のお菓子でしょうか・・。スポンジ+ホイップクリーム+フルーツという組み合わせは、ショートケーキと同じで、いかにも日本人好みのスウィーツではあります。

 

一説には、今から40年ほど前に、自由が丘トップというお店が「オムレツケーキ」で有名になり、それが全国に広がったとも。東海地方では「ゴンドラ」という名称で売られていたとも言われますが・・。

皆様の記憶の中にあるでしょうか。

 

食欲の秋、学問の秋、お菓子の歴史に想いを馳せながら、オムレツケーキをほおばるのも楽しいかもしれません。

 

<日本橋千疋屋本店>

バナナオムレット (1個) 378円

10月17日(水)→23日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

2018.10.09.Tue

見逃すな!! 期間限定の秋スウィーツ

10月に入り、ずいぶんと秋らしくなってきました。

夏と冬が長く、春と秋が短いというのが、近年の傾向。あっと言う間に秋が過ぎてしまいます。

・・というわけで、早速この秋限定のスウィーツを紹介しましょう!

 

1、レニエ リヴゴーシュ 「美濃焼プリンの集大成」

まずは、なんといっても、コンシェルジュのイチオシはこちら!

美濃焼きの器の中に、さつまいものプリンとモンブランクリーム、柿、いちじく、甘露芋など秋の味覚が満載された逸品。これ1つで、思い切り秋を堪能できます!

レニエ リヴゴーシュのグランシェフを務められる長谷川享平氏は、30歳で「お菓子屋レニエ」を設立されたのちも、フランス菓子を追求するため、幾度なく渡仏され、日本における本格フランス菓子の担い手として知られています。フランスのエッセンスの詰まった、期間限定の秋スウィーツを是非試してみて!

 

<レニエ リヴゴーシュ>

美濃焼プリンの集大成 (1個) 756円

名古屋地区百貨店当店限定

■地下1階 洋菓子売場

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「サンマルク マロン」

サンマルクは、フランスの伝統的なお菓子の1つで、バニラのクリームとチョコレートのクリームをアーモンドの生地であるビスキュイ・ジョコンドではさんだもの。上の生地はキャラメリゼします。今回の「サンマルク マロン」は、これを濃厚なマロンクリームでアレンジしたもの。キャラメリゼされた部分のほどよい苦みとクリームの濃厚な味わいが融合し、深い大人の味わいとなっています。

 

短い秋の期間のあいだに、是非、秋スウィーツを満喫しましょう!!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

サンマルク マロン (1個) 701円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

●秋の収穫祭

10月10日(水)→30日(火)

■地下1階・地下2階 食料品、1階 北ブロック デリシャスコート 各階喫茶

 

 

 

2018.10.05.Fri

大人気パティスリーのスペシャルなチーズケーキとは?

今日は、東京でも大人気のパティスリーが期間限定で販売するスペシャルなチーズケーキをご紹介しましょう!

クリオロの「ゆずちーずけーき」です!

 

前回に引き続き、10階 催会場にて開催中の「楽天うまいもの大会」より毎年行列のできる絶品スウィーツを紹介します。

クリオロは、池袋からも近い、有楽町線の小竹向原駅からすぐの場所に本店を置くパティスリー。2009年には、高級住宅街のある東横線の中目黒駅にもお店をオープンし、注目を集めています。

 

クリオロのシェフのサントス・アントワーヌ氏は、フランス・プロヴァンス出身で、フランス、スイス、イギリスなどヨーロッパ各地でシェフパティシエを務めたのち、飴細工のバランス感覚を養おうと生け花を学びに来日されました。

 

来日後は京都の洋菓子店「バイカル」や、フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ・ジャポン(東京)」などで技術指導やレシピ開発などを務められ、 2003年にパティスリー「エコール・クリオロ」をオープン。「時代に合った美味しいもので幸せに」という考えのもと、フランスで培ったセンスに日本独特の繊細さを織り交ぜた独自のスイーツを展開。「世界パティスリー2009」において最優秀味覚賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を得るシェフとして様々なメディアや雑誌にも取り上げられています。

 

さて、今回ご紹介する「ゆずちーずけーき」は、濃厚なチーズケーキに柚子(ゆず)を合わせたもの。柚子の爽やかな酸味と皮の部分の味わいが加わり、エレガントな味わいのチーズケーキとなっています。

実は、柚子は、西洋の柑橘類とは、異なった味わいや香りを持っていることから、エキゾチックな柑橘として、

フランスでも注目を集めている果実なのです。フランス人シェフならではの柚子使いを体験してみて!

 

<クリオロ>

ゆずちーずけーき (1本) 1,620円

ジェイアール名古屋タカシマヤ先行販売

10月2日(火)→8日(月・祝)

■10階 催会場 「楽天うまいもの大会」

2018.09.29.Sat

☆クリスマスケーキ☆予約開始速報

来週、10月3日(水)より、クリスマスケーキの予約開始です!!

早いもので、今年もあと3カ月余・・・。  いよいよ、クリスマスケーキの予約が開始されます!

 

まだ、早い!?

 

いえいえ、クリスマスケーキは台数限定のものが多く、人気のケーキは初日に完売してしまうことも!!

 

コンシェルジュが注目した今年の作品、ベスト3は次のとおり!

 

1、ミッシェル・ブラン 「ソルシエール」

 

今年のクリスマスケーキカタログの表紙にも採用されている、「森のクリスマス」をイメージした、豪華なクリスマスケーキです! ショコラの生地にチョコレートと赤い実のムースやコンフィチュールを重ね、全体を香り高い紅茶のムースで包んだオシャレなケーキ。さくらんぼうあフランボワーズの甘酸っぱさと濃厚な味わいのショコラがベストマッチ!

 

<ミッシェルブラン>

ソルシエール(約12×13cm) 7,344円(180台限り)

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

 

2、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 「ブッシュ・ド・ノエル サヤ」

ヘーゼルナッツのサブレに香り高いピスタチオのクリームと苺のクリームを重ねた、斬新なハート型のケーキ!切り口も、ピスタチオの緑と苺の赤で見事にクリスマスカラーを表現!苺のやさしい酸味とピスタチオのコク、ヘーゼルナッツのサブレの香ばしさが見事なハーモニーを奏でます。女子のクリスマス会にピッタリの逸品です!

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

ブッシュ・ド・ノエル サヤ (約16×6.5cm) 5,832円 (100台限り)

タカシマヤ限定

 

3、オーボンヴュータン 「トレーズ・デセール」

フランス菓子界の重鎮、河田シェフの作品は一味違います。トレーズ・デセールとは、「13種類のデザート」という意味。南仏プロヴァンスではクリスマスイブの夜、グロ・スーペという質素でありながらもボリュームのある食事を家族揃って食べます。それを締めくくるのがトレーズ・デセールです。

 

「13」というのは、最後の晩餐の会食したキリストと12人の使徒を表しています。厳密に13種類のお菓子が決まっているわけではありませんが、欠かせないのは、キリストを表す「ポンプ・ア・ルイユ」(オリーブオイルを練り込んだパン。写真左上の葉脈模様が入ったもの)、それから、4つの托鉢修道会のシンボルとなっているドライフルーツやナッツ。善と悪を表す、白と黒のヌガーなど。右手前に見えるのは、「カリソン・デクス」と呼ばれる、プロヴァンスの銘菓。アーモンドペーストで作られたしっとりとしたお菓子です。

 

<オーボンヴュータン>

トレーズ・デセール (箱約19×12.5cm) 7,555円(50台限り)

 

 

ひとつひとつのお菓子が持つ意味合いに想いを馳せながら、スイートワインを片手に、イヴの夜をゆっくり過ごされてはいかがでしょうか?

 

  • クリスマスケーキご予約承り

10月3日(水)→12月16日(日)

■10階 クリスマスケーキご予約承りコーナー

 

 

  • クリスマスケーキお渡し

12月22日(土)→25日(火)

■10階 催会場内特設コーナー

※商品によってお渡し日が異なります。

※商品内容・箱・パッケージが変更となる場合がございます。

2018.09.14.Fri

老舗が手がける多彩な「ロールケーキ」とは?

「新杵屋」は、創業昭和23年(1948年)、岐阜県中津川に本店を置く、老舗の創作スウィーツのお店です。こちらの代表、田口和寿氏がニューヨークでの修行経験をもとに、「世界のトレンドをリードし既成概念にとらわれず新しいものを常に生み出し続けるニューヨークという街」をコンセプトに始めたブランドが

「ロールズニューヨーク」です!

そして、こちらのお店の看板商品が、店名を冠した「Rolls NewYork」というロールケーキ!

こちらは、卵をたっぷりと使った、もちもち・しっとり新食感のスフレ生地に、バニラビーンズの風味が広がる、濃厚なのに後味はさっぱりとしたクリームを、ボリュームたっぷりに巻き込んだもの。

 

 

定番のロールズニューヨークのほかにも、多彩なロールケーキがラインナップされています。

「ロールズ ユズ」は、サックリ食感が新しいハードなビスキュイ生地に、甘酸っぱく爽やかに仕立てた柚子クリームと柚子ジャムを巻き込んだもの。サックリ食感と爽やかな風味でさっぱりといただけるロールケーキです。「キッズロール」は、お子様からご年配の方までどなたでも美味しく食べられるようにと、添加物・アルコールを一切排除した安心・安全なロールケーキ。中心にチョコレートクリームを配し、クリームと一緒にふんわり優しい味わいの生地で1本1本巻き上げられています。

これらのほかにも、ナッツハーモニー、ラムダーク、などバリエーション豊か!

是非、いろいろなフレーバーを試して好みの1本を見つけてください。

 

 

<新杵屋>

ロールズニューヨーク (1本)1,296円

開催中→18日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

2018.09.11.Tue

秋の夜長を楽しむ「月待ちスウィーツ」

今年2018年の「中秋の名月」は9月24日。

・・というわけで、今日は、秋の夜長を楽しむスウィーツと飲み物をセットで紹介しましょう。

 

1、仙太郎「月見だんご」+川原製茶「光雲」

京都寺町仏光寺に本店を構える和菓子店、仙太郎の季節のお菓子は、白いだんごの部分を「月」に、あんを夜空や雲に見立てる、「月見だんご」。こしあんと粒あんの2種類が用意されています。だんごは、つるりとした生地で、もっちり。あんこは上品な甘さ仕上げられています。

月見だんごの味わいを引き立ててくれるのが、川原製茶の「光雲」。強火で仕上げた深蒸し煎茶は香り高く、渋みもある味わいのため、小豆あんの上品な甘みを際立たせてくれます。

 

<仙太郎>

月見だんご (粒・こし/1個) 各216円

■地下1階 和菓子売場

<川原製茶>

光雲 (100g) 1,296円

■地下1階 銘茶売場

 

2、ミッシェル・ブラン「ケークサレ」+プレーニオ「ヴェルディッキオ クラシッコ・リゼルバ」

フランスの至宝とも呼ばれるミッシェル・ブランからは「ケークサレ」がお目見え!「ケークサレ」とは、フランス語で「cake=お菓子」+「sale=塩」=「塩味のケーキ」の意味。ケーキとはいっても、甘くない生地に、野菜や肉、チーズなどを加えて焼き込んだもの。パウンドケーキのような形をしていますが、パンっぽいキッシュと思っていただければ、わかりやすいと思います。少し温めると一層美味しくいただけます。こちらに合わせるのは白ワインがベスト! プレーニオ「ヴェルディッキオ クラシッコ・リゼルバ」はいかがでしょうか。熟したフルーツやバニラの複雑な香りに、りんごやアーモンドを思わせる長い余韻が印象的な辛口のワインで、ケークサレとの相性は抜群です!

 

<ミッシェル・ブラン>

ケークサレ (1本/約12㎝) 2,484円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

<プレーニオ>

ヴェルディッキオ クラシッコ・リゼルバ (750ml) 4,191円

■地下2階 和洋酒売場

 

3、新宿高野「黄桃のお月見パフェ」+ハ―ニ―&サンズ「ウィンターホワイトアールグレイ」

フルーツの老舗「新宿高野」からは、期間限定の旬の黄桃にまるいマスカットや梨を加えてお月見をイメージしたパフェが登場!こちらに合わせるなら、ハ―ニ―&サンズ「ウィンターホワイトアールグレイ」がベスト!渋みが少なくほんのりと甘みのある希少なホワイトティーとアールグレイのブレンドです。フルーツと紅茶の清々しいマッチングがステキです。

 

<新宿高野>

黄桃のお月見パフェ (1個) 918円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

<ハーニー&サンズ>

ウィンターホワイトアールグレイ (サシェ20個入) 2,160円

■地下2階 グルメストリート

 

 

秋の夜長を優雅に大人っぽく楽しんで!

 

  • 月待ちウィークス

9月12日(水)→25日(火)

■地下1階・地下2階 食料品 ほか

2018.09.07.Fri

超オシャレ!! ☆秋色スウィーツ☆

現在、地下のスウィーツ売り場では、今年の秋の洋品のおすすめカラ―

モーブピンクを中心とした「ピンク系スウィーツ」が

多くの店でラインナップされているのをご存知ですか?

 

モーブピンクの「モーブ(mauve)」とは、仏語で薄く灰色がかった紫色のことで、モーブピンクとは、ブドウや赤ワインや連想させる落ち着いた色合いの大人っぽいピンク色のこと。

今日は、コンシェルジュおすすめの「秋色スウィーツ」を紹介!

 

1、パティスリー・サダハル・アオキ・パリ  「カシスィエ」

ファッションの最先端をいく、フランス・パリを本拠地を活躍される世界的パティシエのサダハル・アオキ氏の自信作! 甘酸っぱいカシスクリームと濃厚なビスキュイショコラの二重奏がたまりません。サクサクとしたフィヨンティーヌプラリネ(薄焼きクレープ生地とナッツペーストを混ぜ合わせたもの)が食感のアクセントとなっています。

 

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

カシスィエ (1個) 911円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

9月30日(日)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

2、新宿高野  「いちじくとピオーネのショートケーキ」

フルーツの老舗「新宿高野」からは、いちじくとぶどうを使ったジェイアール名古屋タカシマヤ限定の秋色ショートケーキが登場! ぶどう風味のホイップクリームは、まさしく流行色の「モーブピンク」! いちじくとピオーネが作り出すフレッシュ&ジューシーな美味しさを存分に楽しんで!

 

<新宿高野>

いちじくとピオーネのショートケーキ (1個) 864円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

9月11日(火)までの販売

■地下1階 洋菓子売場

 

 

3、両口屋是清 「栗饅頭」

ちょっとピンク色ではないけれど、秋色スウィーツとして外せないのが、栗のお菓子。

寛永11年 (1634年)の創業以来、 老舗として380年以上もの間、名古屋で和菓子づくりひとすじに歩んでいる両口屋是清の「栗饅頭」がおすすめ! カットした甘露栗の歯応えと濃厚な栗あんを楽しめます。本物の栗と見まごうほど、形や色合いもみごと!

 

<両口屋是清>

栗饅頭 (1箱/6個入) 1,815円

9月11日(火)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

秋色スウィーツを、目でも舌でも満喫して!

 

 

  • プレイフルオータム

開催中→9月11日(火)

■地下1階・地下2階 食料品

1階 北ブロック デリシャスコート

各階喫茶  ほか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.08.27.Mon

☆至高☆の抹茶スウィーツ

今日は、今、東京の銀座でも大人気となっている至高の抹茶スウィーツを紹介しましょう!

辻利の「京濃い茶ロール」です!

辻利は、萬延元年(1860年)、辻利右衛門により創業されました。当時、宇治の茶師たちは幕末の動乱の中で徳川幕府の庇護を失い、宇治の茶園は荒廃の一途をたどっていました。その様子を憂いた辻利右衛門は、

保存性の高い「茶櫃(ちゃびつ)」(通常は「缶櫃(かんびつ)」と呼ぶ)を考案、お茶の販路を拡大する一方で、玉露の茶葉を針状で美しく鮮やかな緑に仕上げる「玉露製法」を確立し、高級茶の代名詞と言われる宇治茶の名声の礎を築きました。

 

「京濃い茶ロール」は、ほろ苦く濃厚な抹茶クリームを、しっとりと焼き上げた抹茶生地で包んだロールケーキ。添付の抹茶糖をふりかけると、香りと味わいが広がります。

 

さて、今日はもう1つご紹介。 「宇治抹茶わらび餅」です!

辻利のお抹茶を贅沢に使い、抹茶本来の味わいを楽める、わらび餅です。わらび餅にはもちろん本蕨粉を使用。付属の抹茶糖を食べる直前にかけると抹茶の香りを存分に楽しめます。

 

至高の抹茶の味わいをご堪能あれ!

 

 

<辻利>

京濃い茶ロール(1個) 1,404円

宇治抹茶わらび餅(4個) 1,080円

開催中→8月31日(金)

■地下1階 特設会場

 

 

 

 

 

2018.07.31.Tue

夏にぴったり! 爽やかフルーツ・スウィーツ

明日からは、8月に突入! 夏本番!

 

今日は、暑いこの時季にぴったりの、フルーツをたっぷり使った爽やかなスウィーツを紹介しましょう!

 

グラマシーニューヨークの「ピーチティアラ」です!

 

 

 

グラマシーニューヨークは、2000年3月にJR名古屋タカシマヤ店をオープン。ニューヨークスタイルの大ぶりでスタイリッシュなスウィーツが人気のお店。東京の百貨店でも評判の高いお店で、定番の「ニューヨークチーズケーキ」は有名です。

 

さて、今日ご紹介するのは、なんと2玉分の桃で彩った、この時季限定のタルト!

上にたっぷりとのせられた桃は、ほどよく熟していて、やわらかく、トロッとした食感。みずみずしく、爽やかな甘さです。土台のタルトは香ばしく焼き上げられ、中にしっかりとしたアーモンド生地、その上にふんわりとしたスポンジ生地を重ねて、カスタードクリームでおおっています。全体の食感のコントラストとほどよい甘さのスタイリッシュなタルトです!

 

暑い夏の昼下がりにスパークリングワイン片手に楽しみたいスウィーツです!

 

女子会や、夏の贈り物にも最適!

 

 

 

<グラマシーニューヨーク>

ピーチティアラ (1台/径約15cm)2,970円

■地下1階 洋菓子売場

※8月下旬までの販売

2018.07.13.Fri

☆爽やかチーズケーキ☆彡

今日は、この時季にふさわしい爽やかなチーズケーキを紹介しましょう!

 

小樽洋菓子舗ルタオの「セミノールフロマージュ」です!

        

小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)は、小樽市を中心に北海道内のみで直営店舗を展開する洋菓子店。ルタオとは、フランス語で「小樽の親愛なる塔(Le Tour Amitie Otaru)」という意味。平成10年に小樽の洋菓子舗として誕生して以来、北海道の素材にこだわり、また、世界中の厳選された素材と融合させる「Nostalgic Modern」(伝統と革新の融合)をテーマに、北の大地に根差したスウィーツを創り続けています。

 

なかでも、しっかりとしたコクを感じるベイクドチーズ層と、ミルク感が引き立つレアチーズ層が、二層となった同店の「ドゥーブルフロマージュ」は、全国の百貨店の催事で大人気商品となっています。

 

さて、今回ルタオが販売するのは、伊勢志摩産セミノールと五ケ所のみかんを使用した「セミノールフロマージュ~伊勢志摩産みかん~」! 三層構造となっており、下層は、セミノールのピューレとクリームチーズのベイクド。中層は、五ケ所みかんジュースを使用したマスカルポーネムース。上層は、セミノールと五ケ所みかんのジュレとなっています。ジェイアール名古屋タカシマヤ限定販売商品です! 伊勢志摩のみかんをたっぷり堪能できる爽快なチーズケーキを是非この機会に!

 

小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)

セミノールフローマージュ ~伊勢志摩産みかん~ (1台) 1,944円

開催中→7月31日(火)

■1階 北ブロック デリシャスコート

 

 

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.