お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

バックナンバー

2018.07.24.Tue

清流がイメージできるお菓子

前回がゼリー系のお菓子だったので、今回は生地が美味しい夏のお菓子を紹介しましょう!

 

玉井屋本舗の「登り鮎」です!

 

玉井屋本舗は、明治41年(1908年)創業の岐阜・長良川畔にある老舗和菓子店。「登り鮎」、「やき鮎」をはじめ「味噌松風」等この地を 代表する伝統的な和菓子を創り上げてきました。

 

カステラ生地で求肥(ぎゅうひ)を包んだお菓子は本来「調布」と呼ばれますが、初夏には夏の季語でもある「鮎」にちなみ、清流に泳ぐ鮎を模したかたちのものが和菓子屋の店頭に並びます。一般的には「若鮎」と呼ばれ、生地の中には求肥(ぎゅうひ)が入っています。求肥とは、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたものです。

 

一説には「若鮎」は、名古屋が発祥で、長良川に泳ぐ鮎を模したものが始まりとも言われますが、それぞれの地方に類似のお菓子があり、はっきりとはしません。名古屋では、求肥のほか味噌あんを入れたものがあり、関東では小豆あんを入れたものが見られます。

 

さて、今回紹介する玉井屋本舗の「登り鮎」は、上質の小麦粉に玉子をたっぷり使ったカステラ生地で求肥(ぎゅうひ)を包み、長良川の清流に遊ぶ若鮎を型取って焼き上げた当店の代表菓子で、宮内庁御買上、全国菓子博有功大賞受賞の実績もある銘菓です。

 

今回は特別に世界中で人気のフレーバーティーブランド<ハーニー&サンズ>の茶葉の香りを求肥に練り込んだジェイアール名古屋タカシマヤ限定の紅茶味も販売中。

 

<玉井屋本舗>

登り鮎 (1個/①プレーン・②紅茶) ①130円 ②141円

②はジェイアール名古屋タカシマヤ限定

②は7月31日(火)までの販売

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

 

 

 

2018.07.20.Fri

季節限定 可愛らしい「夏祭り」スウィーツ!

いよいよ、夏休みに突入!

夏祭りで、「金魚すくい」をするのを楽しみにしている方も多いことでしょう。

 

・・とういわけで、今回は「金魚」をモチーフにした可愛らしいスウィーツを紹介!

 

1、源 吉兆庵 「金魚」

 

源 吉兆庵は、銀座にも店舗を置く、昭和21年(1946年)創業の四季のフルーツを取り入れたお菓子を得意とする老舗和菓子店。「金魚」は、みずみずしいマスカットの味わいが広がる和風ゼリーに、ゆらりゆらゆら、涼しげに泳ぐ、可愛らしい金魚を浮かべた夏模様の和菓子。つるんとした食感で、口どけなめらか。金魚は羊羹で作られています。金魚柄のかわいい巾着に入ったものなどもあり、贈り物としてもオススメです。

 

<源 吉兆庵>

金魚 (1個) 292円

8月中旬までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

2、菓匠 花桔梗 「夏祭り」

 

 

菓匠 花桔梗(はなききょう)は江戸時代に尾張藩主御用菓子司を務めた桔梗屋の流れをくむ名古屋の和菓子屋。伝統を大切にしながらも、「フルーツ餅」や「フルーツ生水羊羹」など、現代にマッチした和菓子を創造する名店。「夏祭り」は、さっぱりとした味わいのラズベリーをしのばせた生水羊羹の上に、水の中を泳ぐ金魚をイメージした夏らしい逸品。

可愛らしいスウィーツを眺めて、夏を楽しんで!

 

 

<菓匠 花桔梗>

夏祭り (1個) 486円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

7月31日(火)までの販売

■地下1階 和菓子売場

2018.07.17.Tue

「土用の丑の日」に食すべきスウィーツとは?

夏になると登場する「土用の丑(どようのうし)」という言葉・・

これって一体、何でしょうか?

 

古代中国の陰陽五行説では、この世の中のすべての事柄は、木、火、水、金、土の5つで成り立つと

考えられていました。これを季節にあてはめようとすると、季節は、春夏秋冬の4つしかありませんから

“土”があまってしまいます。そこで、土の性質は全ての季節にあると考え、それぞれの季節の終わりの

18日間を“土”としました。したがって、各季節の終わりに土用は存在します。

 

一方で丑というのは、十二支の丑のことで、12日に一度は丑の日が回ってくることになります。

夏の土用というのは、立秋前の18日間のことで、その中で丑の日が“土用の丑”というわけです。

 

今年の土用の丑は2回あります。7月20日と8月1日です!

 

夏の終わりのこの時期はとても暑いので、鰻を食べて元気をつけようということで、

<土用の丑=鰻>という図式が出来上がったわけです。

 

さてさて、この時期食べられるのは、鰻だけではありません!!

土用の丑には「土用餅」というお菓子も食べられます!

昔、公家の間では、暑気あたりを防止するため、カガ芋(山芋)の葉を煮だし、その汁でもち米の粉を練り

丸くまるめて味噌汁に入れ、土用入りの日に食べるという風習がありました。これが徳川時代中期頃より、小豆の餡で餅を包んで食べるという風に変化します。

 

わかりやすく言うと“あんころもち”のこと!  これが土用餅と呼ばれるものです。

コンシェルジュのおすすめは、愛知県一宮市の明やの土用餅!

わらび餅で有名なお店ですが、季節限定の「土用餅」も絶品です!

 

もちろん、今回は「わらび餅」併せて販売!

 

まだまだ暑い時期が続きますので、美味しいスウィーツを食べて元気をつけましょう。

 

 

<明や>

土用餅 (2個入) 321円

7月18日(水)→24日(火)

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」 ウイークリーコーナー

2018.07.10.Tue

東京でこの時期大人気の和スウィーツとは?

7月に入り、暑さが一段と増すこの時季は、あっさりといただけるスウィーツが欲しいですよね!?

・・というわけで、今日は、東京でも大人気の銀座の老舗和菓子店の「あんみつ」を紹介!

 

銀座鹿乃子の「鹿乃子あんみつ」です!

 

銀座鹿乃子(ぎんざかのこ)は、昭和21年(1946年)創業の老舗和菓子店。銀座4丁目のそばにある店舗では、あんみつ、かのこ、ぜんざいなどが名物で、中でも鹿乃子あんみつは<NIKKEIプラス1>の“何でもランキング”の「おすすめ取り寄せあんみつ」部門の第1位にランクインするほどの大人気商品!

 

そもそも「あんみつ」は、1930年頃、東京で、みつ豆に自家製の餡をのせたものが始まりとされていますが、求肥(ぎゅうひ)やフルーツを盛り付けたり、アイスを乗せたりと、バリエーション豊かな日本が誇る和菓子の1つとなりました。こちらのあんみつは、豆にこだわりがあり、赤エンドウの他にも花白豆、紫花豆や虎豆など、何種類もの豆を使用し、それぞれの豆の炊き上げにも手間をかけています。

 

おみやげ用は、黒蜜と白蜜が選べ、防腐剤や保存料を一切加えていないためお日持ちは約2日ですが、豆の風味や味わいの違い、そして彩りがしっかりと楽しめる「鹿乃子あんみつ」は、大切な人への贈り物としても最適です!

 

東京でも大人気の「あんみつ」を是非味わってみて!

 

<銀座鹿乃子>

鹿乃子あんみつ (1個) 519円

7月11日(水)→17日(火)

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

2018.07.03.Tue

☆ロマンティック☆ 七夕スウィーツ

今度の土曜日7月7日は、☆七夕☆ !

 

そもそも、「七夕(たなばた)って、何だっけ?」という方のために、七夕のお話から・・

 

昔々、天帝という神様が星空を支配していた頃のお話・・

天の川の「西岸」に“織姫(おりひめ)”という天帝の娘が住んでいました。一方、「東岸」には、牛飼いの青年“牽牛(けんぎゅう)”が住んでいました。織姫は、働き者の牽牛をたいへん気に入り、2人はめでたく夫婦となります。

ところが、一緒に暮らすようになると、2人は仕事をしないで遊んでばかり・・。怒った天帝は、ついに2人を引き離してしまいます。しかし2人があまりに悲しむので1年に1度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って会うことを許したのです・・・。

 

この時期、売場には、七夕にちなんだスウィーツがいっぱい!

コンシェルジュのオススメは次の3つ!

 

1、菓匠 花桔梗  「笹飾り」

菓匠 花桔梗(はなききょう)は江戸時代に尾張藩主御用菓子司を務めた桔梗屋の流れをくむ名古屋の和菓子店。伝統を大切にしながらも、「フルーツ餅」や「フルーツ生水羊羹」など、現代にマッチした和菓子を創造する名店。「笹飾り」は、シャインマスカットを忍ばせた生水ようかんの上に、寒天を重ねて天の川を描いたもの。天の川に浮かんだ短冊と笹が愛らしいスウィーツとなっています。ジェイアール名古屋タカシマヤ限定です!

 

<菓匠 花桔梗>

笹飾り (1個) 486円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

7月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

2、青柳ういろう 「星の宴」

青柳総本家は、明治12年(1879年)、初代が旧尾張藩徳川慶勝より「青柳」の屋号を贈られて創業した老舗和菓子店。昭和6年には3代目が名古屋駅の売店やホームで「青柳ういろう」の販売を開始し、ういろうが名古屋の銘菓として愛されるきっかけを作ったお店でもあります。「星の宴」は、七夕の美しい星空をイメージ。ういろうのもっちり感と、金時豆やえんどう豆などのなめらかな食感をお楽しみいただけます。

 

<青柳ういろう>

星の宴 (1本/約18cm) 540円

月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

3、仙太郎 「二ツ星」

仙太郎は、京都寺町仏光寺に本店を構える和菓子店。「二ツ星」は、老玉と玉露玉の上にゼリーをあしらい、まるで織姫と彦星のように並べて笹舟にのせた、美しく涼しげな和菓子。「老玉(うばたま)」というのは、いわゆる“あんこ玉”と呼ばれるもので、仙太郎では、小豆のこしあんをあん玉として、沖縄産の特上黒砂糖を羊かん状にして衣がけしています。上に乗っている柚子風味のゼリーの爽やかさも相性抜群! 織姫だと思われる緑の方は玉露のあんこ玉。てっぺんの赤いのはなんとワインゼリー!

<仙太郎>

二ツ星 (1舟) 216円

7月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

これらのほかにも、和菓子売り場には、七夕スウィーツがいっぱい! 是非、足を運んでみて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.06.29.Fri

東京での人気の老舗和菓子店が期間限定出店!

今日は、東京の老舗和菓子店が期間限定出店するという情報を!

「船橋屋」 です!

船橋屋は、十一代将軍徳川家斉の頃、文化二年(1805年)の創業の老舗和菓子店。東京では、くず餅やあんみつ、豆かんが美味しいことで有名なお店です。

老舗には、さまざまな逸話がつきものですが、船橋屋の看板は、「宮本武蔵」などで有名な作家吉川英治氏が

書いたものだと言われています。吉川英治氏は、執筆に疲れるとパンに黒蜜をぬって食べるのが好きで、さま

ざまな蜜を試したあげくに最も美味だと選んだのが船橋屋の黒蜜でした。これが縁で、大きな文字を決して書

かなかった吉川英治が唯一残した大看板が、ケヤキの一枚板に書かれた『船橋屋』の見事な墨書です。

その大看板は、今も本店の喫茶ルームに掲げられています。

 

さて、今回は「あんみつ」と「豆かん」が販売されます!

 

さいの目に切った寒天、紅と緑の求肥(餅)、果物。さらに「くず餅」を加えたものが船橋屋特製みつ豆です。 これにあんを添えたものが「あんみつ」。黒蜜との相性も絶妙。

 

 

「豆かん」は、北海道富良野産の赤えんどう豆と、日本一の品質を誇るとされる伊豆七島産を含む国産の天草をじっくりと煮固めた寒天を合わせたもの。優しい磯の香りは本物の証。丁寧に煮詰められた秘伝の黒糖蜜の甘さと赤えんどう豆の塩加減が絶妙です。

 

<船橋屋>

あんみつ(1個) 451円

豆かんてん(1個) 465円

■6月27日(水)→7月3日(火)/ 地下1階 ウィークリースポット

2018.06.26.Tue

1年の半ばに食す「季節菓子」とは?

そろそろ、6月も終わり・・・

早いもので、今年も、もう半分が過ぎようとしています。

 

そして、1年のちょうど半ばの時点、つまり6月30日に行われるのが「夏越しの祓(なごしのはらえ)」という行事です。これは、ちょうどこの日が1年の折り返し地点になるので、それまでの半年間の罪や穢れ(けがれ)を祓(はら)って、残りの半年間の無病息災を祈るという行事。

 

そして、「夏越祓」につきもののお菓子としていえば・・・

「水無月」です!

「水無月」とは、ういろう生地に「小豆」をトッピングした「三角形」のお菓子です。

小豆は厄払いの意味を表し、三角形は氷室の氷のかたちを表しているといわれます。これは6月朔日(月の第一日)に、氷室の氷を口にすると夏痩せしないと言われたからです。

 

さてさて、コンシェルジュのオススメの水無月は次の2つ!

1、たねや 「水無月」

 

柔らかい口あたりの葛製ういろうに、大粒の小豆をのせたものです。

(こちらは、29日、30日のみの販売なのでご注意を!)

 

<たねや>

水無月 (1箱/2個入) 756円

■地下1階 和菓子売場

 

 

 

 

2、鈴懸 鈴乃水無月

三角形の白の外郎生地に小豆をのせた、伝統的な夏菓子です。

(こちらは、6月中の販売です)

 

<鈴懸>

鈴乃水無月 (1個) 238円

■地下1階 和菓子売場

 

水無月を食べれば、今年の後半は、更なる運気アップ間違いなし!?

 

 

 

2018.06.12.Tue

見逃すな! 期間限定販売の「和菓子の日スウィーツ」

今週の土曜日6月16日は「和菓子の日」です! 菓子の歳時、「嘉祥の祝」にちなんで制定されたものです。

 

なぜ、6月16日が和菓子の日かというと・・・

平安時代中期、都(みやこ)で疫病が流行していたとき、天皇に白い亀が献上されます。仁明天皇はこれを吉兆と考え、848年6月16日に元号を“嘉祥”と改め、16種類のお菓子を神前に供え、疫病退散、健康、招福を祈願。その結果、疫病がおさまったことから、毎年この日に嘉祥の祝を行い、お菓子を食べるのが風習となり、和菓子の日となったわけです。

 

それでは、和菓子の日 期間限定のスウィーツをご紹介しましょう!

 

1、松華堂 「上生菓子詰合せ」

松華堂は、江戸時代後期に現在の愛知県知多郡南知多町内海東端に『松屋』という屋号で菓子店を開業。その後、11代目当主である内田久平が、明治30年代前期に現在地の半田に移転開業、屋号も松華堂としました。当時から上生菓子を中心に名物菓子の創作を始め、おいしいお菓子を作り続けて、各種博覧会等で優等賞を獲得しています。

 

今回の商品は、すがた、かたちも愛らしく、目にも涼やかな生菓子3種。季節を代表する「紫陽花(あじさい)」、もち米を散らした「いが餅」、華やかに咲き誇る「バラ」の3種をモチーフに、葛(くず)や羽二重餅で仕立てたもの。

 

<松華堂>

上生菓子詰合せ (1箱/3個入) 926円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

6月29日(金)までの毎週金・日曜日、6月16日(土)の販売

地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

 

2、叶 匠壽庵 「煮小豆に餅」

 

叶 匠壽庵は、1958年創業、滋賀県大津市に本社を置く和菓子店です。

今回の商品は「邪気を払い、精気を養うとの縁起を持つ小豆と餅」のお菓子。あっさりとした風味の大納言小豆を羽二重餅で包んだ「和菓子の日」限定品です。

 

<叶 匠壽庵>

煮小豆に餅 (1個) 216円 <150個限り>

6月16日(土)のみの販売

地下1階 和菓子売場

 

3、仙太郎 「あづさい」

京都寺町仏光寺に本店を構え、現在四代目の和菓子店です。

今回の商品は、表面を乾燥させた二色の琥珀菓子をわっぱに入れて紫陽花の花に見立てたもの。琥珀菓子とは、煮て溶かした寒天に砂糖や水飴などの甘味を加え、宝石のように固めた和菓子。別名「錦玉羹、(きんぎょくかん)」とも。

シャリっとした食感が涼を呼びます。

 

このほかにも、和菓子売場には、期間限定のお菓子がいっぱい! 足を運んでみて!

 

<仙太郎>

あづさい (1箱) 648円

6月下旬までの販売

地下1階 和菓子売場

2018.06.08.Fri

つるりん、とろりん スウィーツ

今日は、蒸し暑いこの時期でも、さっぱりといただける、食感とのど越しのよいスウィーツを紹介しましょう!

 

藤菜美の「ほろり」と「わらび餅」です!

 

藤菜美は、1982年創業。老舗が軒を連ねる京都にあっては新しいお店です。

京都祇園の踊りの先生が趣味で作った「おだんご」が評判となり、お店となったのが始まり。京都の昔ながらの味わいを大切にして、素材を厳選し、作り立て、出来立てにこだわる姿勢が高く評価され、人気のお店となっています。今日はこちらで特に人気の商品を2つ紹介しましょう。

 

 

上:茶の露ほろり

こちらは、抹茶の香りと味わいが存分にたのしめる「抹茶ゼリー」。とても柔らかな食感で、つるりんとしたのど越し。ゼリーそのものは、甘さ控えめで、別添のあんこと合わせるとちょうど良くなりますが、「ほろり」ファンは、抹茶ゼリー本来の味わいを楽しみたいと、ゼリーとあんこを敢えて別々に召し上がる方も多いのだとか。

 

下:わらび餅3色詰合せ

京都のわらびもちは、関東のものに比べると一般的に柔らかめですが、こちらの「わらび餅」は、口に入れると、上品な甘さのきなこの風味が広がり、とても艶やかで柔らかく、とろり~んとした食感が印象的です。ただ柔らかいだけではなく、ほどよい弾力もあり、舌触りも絶妙で、人気となっているのも納得!1折で4~5人前とのことですが、2人でもペロリと食べてしまえそうです。

 

こちらの「わらび餅」は、きちんと本わらび粉を使用し、バリエーションは、「わらび餅(きなこ)」のほか、抹茶、黒糖があります。一般にわらびもちは、冷蔵庫に入れてしまうと固くなってしまいますが、こちらは冷やしてもしまりすぎず、とても美味しくいただけます。

 

さあ、美味しいスウィーツでパワーチャージして、蒸し暑い時期を乗り切りましょう!

 

 

<藤菜美>

茶の露ほろり (1個) 350円

わらび餅3色詰合せ (1折) 1,301円

■開催中→6月12日(火) / 地下1階 ウィークリースポット

2018.06.05.Tue

初夏の爽やかスウィーツ

そろそろ、梅雨入りの時季・・

こんなときは、爽やかなスウィーツがほしいですよね!?

 

・・というわけで、今日は、初夏の時季にふさわしい「爽やかスウィーツ」を紹介しましょう!

 

1、ケーニヒス クローネ 「ブルーハワイパインゼリー」

ケーニヒス クローネは、1977年創業の神戸の御影の老舗洋菓子店。店名はドイツ語で「勝利の王冠」の意味。厳選された良質の素材を使い、素朴でやさしい味わいのお菓子を提供するお店です。

今回の商品は、ブルーハワイをイメージした涼感あふれるカップゼリーです!さくらんぼ、キウイ、パイン、マンゴーなど彩り豊かなフルーツがトロピカルな気分にしてくれる逸品です。

 

<ケーニヒス クローネ>

ブルーハワイパインゼリー (1個) 432円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

販売期間 6月6日(水)→19日(火)

■地下1階 洋菓子売場

 

2、両口屋是清 「ささらがた」

両口屋是清は、寛永11年 (1634年)創業、なんと380年以上もの歴史を誇る名古屋の老舗和菓子店。店名は、尾張藩二代目藩主・徳川光友から「御菓子所 両口屋是清」の看板を拝領したことに由来するといわれます。

今回の商品は「錦玉羹」。錦玉羹とは、寒天を煮溶かして、砂糖や水あめを加えて煮詰め、型に流し入れて固めたものをいいます。寒天の透明な美しさを生かし、フルーツなどをあわせて、爽やかさや涼しさを演出します。すっきりとした「れもん」、夏を思わせる「すいか」ジューシーな甘みの「白桃」の3種が用意されています。

<両口屋是清>

ささらがた (1個/れもん・すいか・白桃) 各216円

■地下1階 和菓子売場

 

 

3、新宿高野 「さくらんぼ アニバーサリー」

新宿高野は、明治18年(1885年)創業、東京・新宿に本店を構えるフルーツの専門店で、その品質と

美味しさは高い評価を受けています。

今回の商品は、ホイップクリームに、旬果のさくらんぼ、メロン、マンゴーを飾った、この時期限定商品! 今月、お誕生日を迎える方には、ぴったりのバースデーケーキとなります。

 

<新宿高野>

さくらんぼ アニバーサリー (1台/径約12cm) 3,240円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■地下1階 洋菓子売場

 

 

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.