お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

2019.04.12.Fri

東京で大人気の「あのお菓子」が遂に登場!

そのお菓子とは・・・

カフェオウザン「クロワッサンラスク」です!

 

 

        

1989年の創業以来、すべて職人の手作業でひとつひとつ大切に作られています。

 

リッチな風味を守りながらサクサクのラスクを焼くのはとても焦げやすく、これまではクロワッサンのラスクを作るのは不可能とされてきました。

しかし、生地が細かく軽い食感のクロワッサンを、じっくりと低温で時間をかけて二度焼きすることで、サクサクの食感に仕上がっています。

 

フレーバーのバリエーションは・・

シュガー、キャラメル、ストロベリーホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ナッツミルクチョコレートの5種。

 

ステキな箱詰めもあり、贈り物にもおすすめです!

 

<カフェオウザン>

クロワッサンラスク(1箱/5個入)2,084円

※4月10日(水)→16日(火)の販売

■地下1階 特設会場

2019.02.12.Tue

本命チョコ&自分用チョコは、これで決まり!!

さあ、アムール・デュ・ショコラも、今日を入れてあと3日!!

 

「本命チョコ」の調達はお済みでしょうか??

 

本命チョコ選びの難しいところは・・

チョコをあげる相手がどのチョコレートブランドを知っているか、わからないところ。

せっかく、高級ブランドのチョコレートをあげても相手が価値を理解してくれなければ意味がありません。

 

チョコレートに詳しい相手ならば、

前回の「これだけは、絶対に味わいたいチョコレート厳選4つ」のブログを参考にブランドを決めていただきたいところですが、そうでなければ、王道の「ゴディバ」もしくは、次に挙げる3つで、いかがでしょうか。

 

1、ミッシェル・ブラン 「パルフェット」

言わずと知れた「フランスの至宝」と称えられるショコラティエ、ミッシェル・ブラン氏。こちらの「パルフェット」は、6つの産地のカカオ×フルーツの芸術的なフレーバーの詰め合わせ。ショコラ好きのお相手も、そうでないお相手も、その味わいに魅了されるでしょう。

 

<ミッシェル・ブラン>

パルフェット (6個入) 2,700円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

2、ジャン=ポール・エヴァン 「ボワットゥ ショコラ 6個入 リュンヌ」

ジュエル・ロブションに師事し、1986年に弱冠28歳でM.O.F.受章。東京でも圧倒的な人気を誇り、数々の栄誉に輝くトップクラスのショコラティエ ジャン=ポール・エヴァン氏。今回、ジェイアール名古屋タカシマヤ限定で創りあげたショコラの素材は「梅」。梅干の上品な風味・酸味がよりショコラの美味しさを高めました。サンロ・デュ・ショコラのグランプリ受賞作を含めた代表作を、星空をイメージしたエヴァン氏デザインの限定ボックスに詰め合わせたものです。

 

<ジャン=ポール・エヴァン>

ボワットゥショコラ 6個入 リュンヌ (6個入) 2,981円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

3、ピエール マルコリーニ 「バレンタイン セレクション リミテッドエディション」

チョコレートメーカーからチョコレートを仕入れ、ボンボンショコラを作るのが一般的だった時代から、同氏はカカオの産地に足を運び、豆の買い付けから選別、調合、焙煎などすべてを自らの手で行い、独自のクーベルチュールを作る先駆者となりました。そんな彼の新作は、花の香りづけをしたガナッシュと果実のコンポートを組み合わせたチョコレート。その他に複数のカカオをブレンドしたビターガナッシュなど1粒ごとにストーリーが! ゴールドのハート缶もオシャレで、まさに本命チョコの風格です!!

 

<ピエール マルコリーニ>

バレンタイン セレクション リミテッドエディション (9個入) 3,780円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

さてさて・・

せっかく催事場を訪れたならば、自分用のチョコレートも買いたいですよね!??

 

コンシェルジュのオススメはこれ!!

 

1、ブルガリ イル・チョコラート 「オリジナルチョコレート」

あのイタリアの高級ジュエリーブランドのロゴの入ったチョコレートを味わってみたいと思いませんか?

さらに今年はジェイアール名古屋タカシマヤだけの限定フレーバーも楽しめる贅沢なセレクションが登場。

深い緑、上品な香り、まろやかな風味とコクが特徴の地元「愛知県西尾産の抹茶」にイタリア産の塩を利かせた“抹茶”チョコレートのほか、同じく愛知県西尾市の「尊皇蔵元の純米大吟醸原酒」のフルーティーな日本酒と柚子を合わせた“柚子”チョコレートがあり、イタリアと愛知県の素材を楽しめるのが魅力。

まあ、ブランドがわかるお相手ならば、本命チョコにしてもいいですが・・。

ここは、自分へのご褒美チョコということで・・。

 

<ブルガリ イル・チョコラート>

オリジナルチョコレート (3個入) 3,201円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

残りわずかの期間となってしまいましたが、アムール・デュ・ショコラを存分に楽しんで!!

 

 

2019 アムール・デュ・ショコラ ~ショコラ大好き~

開催中→2月14日(木)

■10階 メイン会場 / 7・8・9階 サテライト会場

 

 

 

 

2019.02.08.Fri

これだけは、絶対に味わいたいチョコレート厳選4つ

バレンタインデーまで、あと1週間弱! アムール・デュ・ショコラも大詰めです。

 

この時期、私も各種メディアからチョコレートに関する取材を多く受けるわけですが・・

昨年までは、「オススメのチョコレートを教えてください」というのが多かったのに対して

今年は、「あなたが実際に買おうと思うチョコレートを教えてください」

「あなたが好きなチョコレートを教えてください」 といった趣旨の質問が多くありました。

広く一般受けするチョコレートよりも、お菓子研究家などのマニアがどんなチョコレートを選ぶのかを知りたい、ということなのでしょう。

 

まあ、私の実際の回答については、11Fの三省堂書店で<HANAKO 1169号>などをご覧いただくことにして、今回のブログでは、今年のアムール・デュ・ショコラで、私が個人的に、これだけは、絶対に味わいたいと思っているチョコレートを取りあげてみたいと思います!

 

題して・・

「コンシェルジュが、今年味わいたいチョコレート厳選4つ」!

 

1、ル・ショコラ・アラン・デュカス 「デクヴェルト詰め合わせ」「ケイク ショコラ シトロン」

 

 

昨年3月には日本橋に、4月には六本木に店舗をオープンし、大きな話題となったル・ショコラ・アラン・デュカス。こちらのチョコレートは、

①ガナッシュ・オリジン=単一産地のカカオに生クリームを合わせ包み込んだもの。

②ガナッシュ・グルマンド=スパイスとフルーツを使用した風味豊かなガナッシュを包み込んだもの。

③プラリネ・ア・ランシエンヌ=昔ながらの製法で仕上げたプラリネ(ナッツペースト)を包み込んだもの。の3系統に分かれますが、こちらの詰め合わせは、これらを一挙に味わえるお得なセットです!

他店舗では買えないジェイアール名古屋タカシマヤ限定の<ケイク ショコラ シトロン>も見逃せないところ!!

<ル・ショコラ・アラン・デュカス>

上:デクヴェルト詰め合わせ (6個入) 2,808円

下:ケイク ショコラ シトロン (1個) 3,024円 <各日100個限り>

※ケイク ショコラ シトロンはジェイアール名古屋タカシマヤ限定

※ケイク ショコラ シトロンは整理券配布

  • 10階 メイン会場

 

2、ヴァンサン ゲルレ 「ミニアルディーズ7」

同氏は、昨年のバレンタインイベントやホワイトデー催事で来店しているので、ご存知の方も多いでしょうが、なんと、昨年9月、世界最高峰のフランス菓子職人たちで構成される「ルレ・デセール」の会長に就任!!さらに「C.C.C.」ショコラティエ部門最優秀賞も受賞! まさに頂点を極めた同氏のショコラがこの1年でどれだけ進化を遂げたか、是非味わってみたいところです。

 

<ヴァンサン ゲルレ>

ミニアルディーズ7 (7個入) 2,808円

  • 10階 メイン会場

 

3、パスカル・ル・ガック 「ボンボンショコラ詰め合わせ」

パスカル・ル・ガック氏は、ガナッシュの魔術師といわれた「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」の創始者のロベールランクス氏と出会い、25年にわたり同店に在籍、エグゼクティブ・クリエーターとして活躍した人物。2008年に独立開業し、2009年よりC.C.C.の「AWARD」及び「LES INCONTOURNABLES(欠かせないメゾン)」に選ばれている、まさにショコラ界の巨匠です。東京での人気も高く、なんと今年の1月19日、海外初店舗を赤坂にオープン!ますます人気は上昇すると思われます。

 

<パスカル・ル・ガック>

ボンボンショコラ詰め合わせ (6個入) 2,700円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

4、ジャン=ミッシェル・モルトロー 「ガトー・デュ・クール」

同氏は、オーガニック農家に育ち、2000年、オーガニックレストランを開店。こちらで提供していたオーガニックチョコレートが評判となります。有機認証機関が承認したカカオや食材のみで、ビーン・トゥー・バーでショコラを作る、オーガニックショコラの第一人者です。ここ3年ほど連続で購入していますが、どれもまろやかな味わいで、口溶け抜群のショコラです。

 

<ジャン=ミッシェル・モルトロー>

ガトー・デュ・クール (6個入) 2,214円

≪ジェイアール名古屋タカシマヤ限定≫

  • 10階 メイン会場

 

人それぞれ味わいの好みがあると思いますが・・

上記4つは私が本当に購入して味わいたいと思っているものばかり!

 

是非、お試しあれ!!

 

 

2019 アムール・デュ・ショコラ ~ショコラ大好き~

開催中→2月14日(木)

■10階 メイン会場 / 7・8・9階 サテライト会場

2019.02.05.Tue

東京恵比寿で大人気のチョコレート スウィーツとは!?

10階 催会場で開催中の 「アムール・デュ・ショコラ」 は連日満員ですが・・・

地下1階ウィークリースポットで、東京で大人気のブラウニーが販売されていることをご存知でしょうか?

 

コートクールの「東京ブラウニー」です!

コートクールは、2006年に営業を開始した、東京の恵比寿に本店を置くブラウニーの専門店です。

アメリカに住む、創業者のご祖母様が焼かれていたブラウニーを再現すべく開発されたのが同店のブラウニーということですが、本場を超える味わいと大人気で、メディアでも紹介されるほどです。

 

こちらの人気商品が「東京ブラウニー」!

2種類のクーベルチュールチョコレートをブレンドすることで、力強いカカオの風味としっとりとした食感が楽しめる一品です!ブラウニーといえば、正方形にカットされたものが多いのですが、ほっそりとしたスティックタイプでスタイリッシュです。

 

食べてみると、外側はカリッと中はしっとり。上質のチョコレートケーキのように濃厚なチョコレートの味わいが堪能できる逸品です。小さく刻んだクルミも入っており食感のアクセントになります。

 

コーヒーや紅茶に合わせるだけでなく、ワインやウイスキーとのマリアージュも楽しめる大人のスウィーツ!

この機会にぜひ味わってみて!

 

<コートクール>

東京ブラウニー (6本入) 1,296円

1月30日(水)→2月14日(木)

■地下1階 ウィークリースポット

 

2019.01.22.Tue

今、デパ地下で人気の苺スウィーツとは

今、神戸や大阪のデパ地下で人気となっている苺スウィーツをご存知ですか?

マキィズの「いちごトリュフ」です!

 

マキィズは、神戸市に本社を置く、創業1997年のチョコレートを中心としたスウィーツの製造販売を手掛ける会社です。神戸や大阪だけでなく東京や横浜でも催事を行い、今注目のお店です!

 

このお店で大人気なのが「いちごトリュフ」!

もぎたての新鮮な苺をすぐに冷凍乾燥させ、香りとサクサク感がぎっしりと詰まったフリーズドライ苺を、独自の技術で開発したクリーミーで口溶けなめらかなホワイトチョコレートでコーティングした一品。苺の酸味とホワイトチョコの甘みのバランスが絶妙で、まるで苺ミルクのような懐かしい味わいだと評判になっています!!

 

こちらの商品は、楽天市場の数万点あるスウィーツ商品の中でリアルタイムで、なんと1位に輝いたこともある人気商品です!

 

デパ地下で人気の苺トリュフを是非この機会に味わってみて!!

 

 

<マキィズ>

いちごトリュフSack (165g) 1,080円

1月23日(水)→29日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

2019.01.17.Thu

☆速報☆ 今年のアムール・デュ・ショコラ

いよいよ・・ 明日1月18日より、

2019 アムール・デュ・ショコラが開催されます!

 

今年、まず注目したいのは、初登場となる次の3つのブランドでしょう!

1.ル・ショコラ・アラン・デュカス

パリ、モナコ、ロンドンの三ツ星をはじめ、世界中にレストランをもつフランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏は、2013年、カカオ豆の厳選から全てをショコラティエが手作りする「ル・ショコラ・アラン・デュカス」をパリにオープン。昨年3月には東京・日本橋にも東京工房をオープンし、今でも行列が絶えない店となっています。そんなお店のボンボンショコラが初登場します!

 

<ル・ショコラ・アラン・デュカス>

デクヴェルト詰め合わせ (6個入) 2,808円

■10階メイン会場

 

2.ティエリー・バマス

ティエリー・バマスは、フランスの南西部のバスク地方アングレットという場所に店を構えます。バスク地方と言えば、ヨーロッパのチョコレート文化発祥の地とも言われ、多くのチョコレート店が軒を並べる場所です。

ティエリー・バマス氏は1968年生まれ、2011年にM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を取得。お菓子の国際コンクール「クープ・デュ・モンド」にフランス代表として出場し、優勝した実績も有する実力派。今回は得意のスパイスや蜂蜜を使ったショコラが登場します!

 

<ティエリー・バマス>

ショコラアソート6P(6個入) 3,456円

■10階メイン会場

 

3.ルノートル

ルノートルといえば、現代フランス菓子の基礎を築いたガストン・ルノートル氏が1957年に創業した老舗。現在、フランスでブティック15店舗、レストラン4店舗を展開しています。近年は特にショコラに注力。1988年にシャルキュトリー・トレトゥール部門で、1996年には料理部門でM.O.F.を獲得し、バリスタ、焙煎士の資格も有するギー・クレンザー氏をクリエーションディレクターとして招き、2017年にはショコラで、C.C.C.品評会で最高位の「金賞」を獲得しました。絶品の風味と食感をご賞味あれ!

 

<ルノートル>

プラリネ・ガナッシュアソート(6個入) 2,700円

■10階メイン会場

 

アムールの情報は、まだまだ発信していきます。お楽しみに!!

2019.01.11.Fri

東京で大人気のプリン

東京で大人気のプリンが再び登場します!

 

POPOCATE(ポポカテ)の「プリン」です!

 

ポポカテは、2015年3月に渋谷区代々木にオープンしたプリン専門店。「HANAKO」、「クロワッサン」などの雑誌やTBSテレビ「ぴったんこカンカン」など、各種メディアで紹介され、今東京で大人気のプリン屋さんです!

 

ポポカテでは、「ポポかた」と「ポポやわ」という食感の異なる2種類のプリンをベースに販売しています。

「ポポかた」は、ちょっと固めの食感の、シンプルな素材で作った昔懐かしいベーシックなプリン。

「ポポやわ」は、かなり柔らかめで、トロトロで滑らかな食感に仕上がっています。

どちらも材料は、卵、牛乳、砂糖、バニラビーンズのみ。生クリームを使っていないので、しつこさがなく、素朴でやさしい味わいに仕上がっているのが魅力です。

 

このほかの味わいのバリエーションは以下のとおりです。

ポポティー・・・ベルガモットの香りが特徴のアールグレイ紅茶を使用したミルクティーテイスト。

ポポカフェ・・・カフェ「shima」の自家焙煎コーヒーを使用した、甘さの中にコーヒーの深みと苦みを感じるカフェオレプリンです。

ポポチーズ・・・クリームチーズ、マスカルポーネ、サワークリームを使用したチーズ本来の美味しさが味わえます。

ポポチョコ・・・無添加イチゴをじっくりと煮詰めたストロベリーソースと共に味わう濃厚なダークチョコレート味のとろりとした生チョコ風のチョコプリン。

ポポ抹茶・・・北海道十勝産のあずきで作る粒あんとともに味わう、日本茶の老舗、京都「一保堂茶舗」の宇治抹茶を使用した味わい深い抹茶プリンです。
こちらの「卵」は、鶏の餌に遺伝子組み換えの穀類を一切使用していない神奈川県の小規模な養鶏農場から直接仕入れたものを、「牛乳」には、牛乳本来の味わいが感じられる北海道の濃厚な味わいのものを使用。そこにほんのりとバニラビーンズの香り。カラメルは、グラニュー糖を、焦がすギリギリまで煮詰め、ほろ苦感を大事にした、ちょっとビターな大人の甘さです。

かわいいパッケージに梱包してくれるので、贈り物にもいいですね!

 

<ポポカテ>

ポポかた (1個) 432円

ポポやわ (1個) 432円

ポポティー(1個) 496円

ポポカフェ(1個) 496円

ポポチーズ(1個) 518円

ポポチョコ(1個) 518円

ポポ抹茶 (1個) 518円

1月15日(火)までの販売

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

 

2018.12.07.Fri

あのキラキラと輝くスウィーツの専門店 が登場

東京・新宿・・

喧騒から離れた新宿5丁目にあるお店が今20代〜30代のあいだで静かな話題となっています。

その名は、ポムダムールトーキョー!

2014年7月に創業した「りんご飴」の専門店です!

店主の池田さんは、元シーシャ屋(水タバコ)の店員だったという珍しい経歴の持ち主で、当時からオリジナルフレーバーを作るのが得意だったそうです。「明日が今日より楽しくなるお店」を作りたいと考えているときにりんご飴には、“お祭りだけで楽しむもの”には留まらない可能性があることに気付き、りんご飴の専門店を開くことを決意されたといいます。

 

りんごの品種は時期により異なり、その時にベストな品種を選択することを心がけていて、今の冬の時期はサンふじを使用。こちらのりんご飴はコーティングが薄めなのが特徴で、一口かじっただけで、簡単に飴が割れ、りんごの果汁があふれ出てきます。飴は口の中でさっと溶け、りんごの爽やかで甘酸っぱい香りで充たされます。

 

是非この機会に、東京で話題のりんご飴を味わってみて!!

 

 

<ポムダムールトーキョー>

特製りんご飴 ポムダムール(プレーン) (1本) 648円

12月5日(水)→11日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

2018.09.25.Tue

見逃すな! あの東京の有名パティスリーが登場!

 <トシ・ヨロイヅカ>の登場です!

 

鎧塚俊彦氏は、守口プリンスホテルを皮切りに、スイスのツッカベッカライ「エルマティンガー」、フランス・パリの名店「ストーレー」などで修行され、2000年にはパリのコンクール「INTERSUC2000」で優勝されました。2002年には<トシ・ヨロイヅカ>ブランドを立ち上げられ、2007年にはトシ・ヨロイヅカ

ミッドタウンを開店されました。その後も2010年には、エクアドルにトシ・ヨロイヅカカカオファームを立ち上げられ、ショコラ作りにも注力されています。

 

華やかな生菓子は、お好みのものをご購入いただくとして・・

<トシ・ヨロイヅカ>で、是非忘れずに味わってほしいお菓子を2つご紹介!

 

トシ・マンデル・クローネ

焼き菓子で、是非味わっていただきたいのが、こちら。スイスで修行されたお店で試行錯誤に試行錯誤を重ねて完成され、現地での就労ビザを取得するきっかけともなった、シェフが「全く売れなくなることがあっても一生作り続ける」と語るお菓子です。サクサクのパイ生地の中には、しっとりとしたアーモンドクリーム。表面にはシナモン風味のシュトロイゼル。素朴ながら奥深い味わいの焼き菓子です。テレビでも紹介され、連日行列となったお菓子でもあります。

 

コレクション2017

 

カシスフィグ、金ゴマキャラメル、ペーシュ・シトロン、和三盆の4種入りのボックス。 2017年サロン・デュ・ショコラ パリ 出展作品『Les Coupe de Coeur』受賞されたもの。<トシ・ヨロイヅカ>のショコラの真髄を知ることができる詰め合わせです!

 

是非この機会を逃さず、東京で不動の人気を誇るパティスリーのお菓子を味わってみて!

 

 

 

<トシ・ヨロイヅカ>

トシ・マンデル・クローネ (1個) 1,001円

コレクション2017(4個入) 1,901円

9月26日(水)→10月2日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

※鎧塚俊彦氏 来場予定

9月26日(水)→9月28日(金)、10月1日(月)

 

 

2018.03.23.Fri

☆ステキ☆イースター・スウィーツ

イースターとは、キリストの復活を祝う「復活祭」。キリスト教 最大のお祭りです。

うさぎが復活の象徴である「卵」を運んでくるとされており、うさぎや卵をモチーフにした可愛いスウィーツが多数登場します。

 

コンシェルジュのおすすめのイースター・スウィーツをご紹介しましょう!

 

1.<ケーニヒス クローネ> イースターデコレーション

ふわふわスポンジのフルーティーなケーキです。いちごムースで仕立てた愛嬌たっぷりのうさぎキャラや、可愛いデコレーションがテーブルを賑やかに彩ります。

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定商品です。

 

2.<ヴィタメール> イースター・バニー

アプリコットジュレとフランボワーズの甘酸っぱさを、ホワイトチョコムースで包んだ酸味と甘さのバランスが絶妙なケーキ。うさぎと卵のデコレーションもステキです。

 

 

3.<ゴディバ> ラッピングチョコレート ミニエッグ アソートメント

ミニサイズのたまご形のケースに、季節限定のパステルカラーのラッピングに包まれたトリュフミルクとトリュフダークを詰めたアソート。お世話になっている友達や会社の仲間へのプチギフトにもぴったりです!

 

4.<クラブハリエ> ウフ

ウフとは、フランス語で「たまご」の意味。ふんわりとしたたまご型のジャム入り焼き菓子です。ジャムは、果実たっぷりのアプリコットといちごの2種類。名古屋地区百貨店では当店限定です。

 

イースターは「春分後の最初の満月の次の日曜日」と決められているため、毎年時期が微妙に変わる「移動祝祭日」。今年のイースターは、4月1日です!!

 

ぜひ、可愛いスウィーツとともに楽しんで!!

 

1.<ケーニヒス クローネ>

イースターデコレーション(1台/約11×11cm) 2,160円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

 

2.<ヴィタメール>

イースター・バニー(1台/径約10.5cm) 2,160円

 

3.<ゴディバ>

ラッピングチョコレート ミニエッグ アソートメント(6粒入) 962円

 

4.<クラブハリエ>

ウフ(5個入) 1,404円

名古屋地区百貨店当店限定

 

■1.2.3.いずれも地下1階 洋菓子売場

4.は1階 北ブロック デリシャスコート

 | ページトップ | 次へ  >>

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.