お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

バックナンバー

2018.02.27.Tue

豪華でカワイイ!ひな祭りスウィーツ

今週の土曜日は、ひな祭り!

今 和菓子売場には、さまざまな「ひな祭りスウィーツ」が並んでいますが、

今日はスウィーツコンシェルジュいち押しの期間限定商品をご紹介しましょう!

 

<たねや>の「ひなの節」です!

 

<たねや>は、滋賀県近江八幡市にある有名和菓子店。

店名の由来は、昔 穀物・菜種などの種子を商っていた頃の屋号が『種屋』だったから。

 

さて、今回ご紹介する「ひなの節」は、

春の節供のお祝いにふさわしい遊び心を添えた、小さなお菓子の詰め合わせ!

お好きな小箱を組み合わせて重箱のように「かさね」とすることも出来ます。

 

…続きを見る

2018.02.23.Fri

女性に大人気の超キュートなチョコレート

女性に大人気の超キュートなチョコレート

 

今回は、女性に大人気の超キュートなチョコレートをご紹介しましょう!

 

<ミナモアレ>のチョコレートです!

 

<ミナモアレ>は、葉っぱの形のチョコレート「リーフメモリー」などで有名なチョコレートハウス<モンロワール>の姉妹ブランドで、大阪・道頓堀を本拠とし、見て楽しい、食べて楽しいチョコレートを紹介しているお店です!<ミナモアレ>では、さまざまな種類のチョコレートを販売しています。

 

1.ハートフラワー

赤・黄色の巾着の中にはかわいいハート型のチョコレート。1つの包みで3つの風味が楽しめます。

…続きを見る

2018.02.20.Tue

ほっこり温まるスウィーツ

まだ寒いこの時期。

今回はほっこりと温まって、幸せになれる「たい焼き」をご紹介しましょう。

 

<京都三条 幸福屋>の「京たい焼き」です。

…続きを見る

2018.02.15.Thu

東京の食通にも愛されている名品

上質なおしゃれと丁寧な暮らしを提案するファッション&ライフスタイル誌や、

おいしいため歩きや料理作り、食材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌、

テレビの情報番組などでも取り上げられ、東京のマダムのマダムや食通に愛されている

「名品」をご存じでしょか?

 

<ローズメイ>「オレンジスライスジャム」です。

…続きを見る

2018.02.11.Sun

こちらの絶品チョコレートケーキにも注目!

アムール・デュ・ショコラもいよいよ大詰めですが・・・。

 

10階 催会場に行かれたあとは、ぜひ9階 サテライト会場へ!

そして9階 サテライト会場のあとは、地下1階のスウィーツ売場へ!!

 

今日は、注目すべきチョコレートケーキを2つ、ご紹介しましょう!

 

1.<ヴィタメール> ショコラ・フロマージュ

…続きを見る

2018.02.09.Fri

今年のショコラはこれに決定!アムール特集 その4

 

さあ、今までに3回にわたり今年の「アムール・デュ・ショコラ」で

注目すべきチョコレートをさまざまな角度からご紹介してきましたが、

お好みのチョコレートは見つかりましたか?

 

今日は、世界の舞台で活躍する3人の日本人ショコラティエをご紹介しましょう!

 

1.<ショコラティン>

ジュエリーシリーズ ダイヤモンド2P(ダイヤモンド&ピンクゴールドダイヤモンド)

…続きを見る

2018.02.06.Tue

マニアのためのチョコレート案内 アムール特集 その3

10階 催会場では「アムール・デュ・ショコラ」が開催されていますが、

今日は9階 サテライト会場で販売されている

「bean to bar(ビーン トゥ バー)」について特集!

 

「bean to bar(ビーン トゥ バー)」とは、カカオ豆の選別から

チョコレートになるまでの全行程を手掛けることをいいます。

「ビーン トゥ バー」のトレンドは、2000年代初頭に

アメリカで生まれたとも言われてます。

 

チョコレートが時代とともに香料や植物性油脂など加えたものとなり、

カカオ豆本来の風味を失っていく中で、

チョコレートの原料であるカカオ豆への素材回帰ともいえる動きが

「ビーン トゥ バー」というトレンドなのです。

メイン素材は、カカオ豆と少量の砂糖のみ。

小さな工房が作り始めたケースが多く、まだまだ小規模生産です。

 

しかし、その傾向は全世界で広まっており、

日本でも2010年初頭からみられるようになり、

2014年くらいからは1つのトレンドとして、認識されるようになりました。

 

今日は、カカオ豆本来の風味が生かされた

「マニアのためのタブレットショコラ BEST3」をご紹介しましょう!

 

1.<ショコラトリー ライヤ>タブレット ショコラ サオトメ

…続きを見る

2018.02.02.Fri

今年注目のチョコレートはこれだ!アムール特集 その2

2月に入り、アムール・デュ・ショコラも後半戦に突入!

 

スウィーツコンシェルジュが今年注目するショコラティエ“BEST 3”を

ご紹介しましょう!

 

1.ファブリス・ジロット氏

 

なんといっても一番の注目は、今年 初登場した「ファブリス・ジロット氏」でしょう。 …続きを見る

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.