お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

2018.03.09.Fri

今注目のホワイトデー・スウィーツとは!?

世の男性諸君!そろそろ「ホワイトデー」が近づいてきましたぞ!

もちろん、友チョコをもらった女性の方々も!!

ホワイトデーは来週の水曜日なので、買い物に出かけるならばこの週末がベスト!!!

 

・・・というわけで、今日はホワイトデイに最適なスウィーツを特集!

 

1.<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ> AOKI 2018

 

大切な人へのお返しに最適なショコラがこちら!

なんと、サダハル・アオキ氏が昨年のC.C.C.で最高位を獲得した4種のショコラがすべて入った贅沢なアソート!C.C.C.というのは、フランスでもっとも権威のあるショコラ愛好家「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」の略称です。

 

中身は、さわやかな香りと酸味が引き立つ「ユズ」、北イタリア産のヘーゼルナッツを使用した芳しい「プラリネ ノワゼット」、エクアドル・アリバ産カカオの芳醇な余韻を残す「アリバ」、黒ゴマの香ばしいさとショコラの奥深さが出会う「セザム」。

2017年パリの品評会で最高位を獲得したこれらの4種に、新作の「プラリネ ピスターシュ」とハートの「プラリネ オレ」をプラスした、まさに世界のアオキの「今」を感じることができるアソートです。

 

 

 

2.<ヴァンサン ゲルレ> ショコラアソート5

 

ヴァンサン ゲルレ氏は、フランス・ノワール地のナントの街にお店を構えます。氏は、世界各国のフランス菓子のトップパティシエで構成される『ルレ・デセール』のメンバーであるとともに、C.C.C.の金賞を4年連続で獲得した栄誉を持つ実力派ショコラティエです。

 

ゲルレ氏のショコラは新鮮なインパクトに満ちており、その個性を物語るのが「プティ・ブール」!地元の伝統的なビスケットから着想し、見た目は可愛いビスケット風なのに、食べると驚くほどリッチな食感。限定で仕立てたアソートはショコラ通なら見逃せない魅力が詰まっています。ぜひ、大切な方への贈り物に!

 

3.<クラブハリエ> ホワイトブラウニー

 

キュートな見た目で、SNS映えする“フォトジェニック”なアイテムならこちら!

 

女性に大人気の<クラブハリエ>に自信作、甘酸っぱい木苺のジャムと、まろやかなホワイトチョコを使ったハート型のブラウニーです!

 

 

1.<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>

AOKI 2018(6個入) 3,078円

■3月14日(水)までの販売/地下1階 ウイークリースポット

 

2.<ヴァンサン ゲルレ>

ショコラアソート(1箱/6個入) 2,916円

■3月14日(水)までの販売/地下1階 ウイークリースポット

 

4.<クラブハリエ>

ホワイトブラウニー(1個) 2,376円

■3月14日までの販売/1階 北ブロック デリシャスコート

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.