お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

2018.06.08.Fri

つるりん、とろりん スウィーツ

今日は、蒸し暑いこの時期でも、さっぱりといただける、食感とのど越しのよいスウィーツを紹介しましょう!

 

藤菜美の「ほろり」と「わらび餅」です!

 

藤菜美は、1982年創業。老舗が軒を連ねる京都にあっては新しいお店です。

京都祇園の踊りの先生が趣味で作った「おだんご」が評判となり、お店となったのが始まり。京都の昔ながらの味わいを大切にして、素材を厳選し、作り立て、出来立てにこだわる姿勢が高く評価され、人気のお店となっています。今日はこちらで特に人気の商品を2つ紹介しましょう。

 

 

上:茶の露ほろり

こちらは、抹茶の香りと味わいが存分にたのしめる「抹茶ゼリー」。とても柔らかな食感で、つるりんとしたのど越し。ゼリーそのものは、甘さ控えめで、別添のあんこと合わせるとちょうど良くなりますが、「ほろり」ファンは、抹茶ゼリー本来の味わいを楽しみたいと、ゼリーとあんこを敢えて別々に召し上がる方も多いのだとか。

 

下:わらび餅3色詰合せ

京都のわらびもちは、関東のものに比べると一般的に柔らかめですが、こちらの「わらび餅」は、口に入れると、上品な甘さのきなこの風味が広がり、とても艶やかで柔らかく、とろり~んとした食感が印象的です。ただ柔らかいだけではなく、ほどよい弾力もあり、舌触りも絶妙で、人気となっているのも納得!1折で4~5人前とのことですが、2人でもペロリと食べてしまえそうです。

 

こちらの「わらび餅」は、きちんと本わらび粉を使用し、バリエーションは、「わらび餅(きなこ)」のほか、抹茶、黒糖があります。一般にわらびもちは、冷蔵庫に入れてしまうと固くなってしまいますが、こちらは冷やしてもしまりすぎず、とても美味しくいただけます。

 

さあ、美味しいスウィーツでパワーチャージして、蒸し暑い時期を乗り切りましょう!

 

 

<藤菜美>

茶の露ほろり (1個) 350円

わらび餅3色詰合せ (1折) 1,301円

■開催中→6月12日(火) / 地下1階 ウィークリースポット

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.