お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

バックナンバー

2018.07.31.Tue

夏にぴったり! 爽やかフルーツ・スウィーツ

明日からは、8月に突入! 夏本番!

 

今日は、暑いこの時季にぴったりの、フルーツをたっぷり使った爽やかなスウィーツを紹介しましょう!

 

グラマシーニューヨークの「ピーチティアラ」です!

 

 

 

グラマシーニューヨークは、2000年3月にJR名古屋タカシマヤ店をオープン。ニューヨークスタイルの大ぶりでスタイリッシュなスウィーツが人気のお店。東京の百貨店でも評判の高いお店で、定番の「ニューヨークチーズケーキ」は有名です。

 

さて、今日ご紹介するのは、なんと2玉分の桃で彩った、この時季限定のタルト!

上にたっぷりとのせられた桃は、ほどよく熟していて、やわらかく、トロッとした食感。みずみずしく、爽やかな甘さです。土台のタルトは香ばしく焼き上げられ、中にしっかりとしたアーモンド生地、その上にふんわりとしたスポンジ生地を重ねて、カスタードクリームでおおっています。全体の食感のコントラストとほどよい甘さのスタイリッシュなタルトです!

 

暑い夏の昼下がりにスパークリングワイン片手に楽しみたいスウィーツです!

 

女子会や、夏の贈り物にも最適!

 

 

 

<グラマシーニューヨーク>

ピーチティアラ (1台/径約15cm)2,970円

■地下1階 洋菓子売場

※8月下旬までの販売

2018.07.27.Fri

あの銘菓のアイスバージョンが登場!

なんと、あの銘菓のアイスバージョンが店頭販売されます!

 

両口屋是清の「アイス千なり」です!

両口屋是清は、寛永11年 (1634年)の創業以来、380年以上もの間、名古屋で和菓子づくりひとすじに歩んできた老舗和菓子店。なかでも、同店の看板商品ともいうべき「千なり」は、香り豊かな北海道産小豆を丹念に炊き上げたこだわりの餡をふんわり・しっとりとした香りの良い焼皮に合わせ、地元名古屋だけでなく、全国に知られる銘菓となっています。

 

そして、このたび、その「千なり」のアイスバージョンが期間限定で販売されることになりました!

「アイス千なり」は、従来は箱詰めの宅配専用商品でしたが、2015年の夏から直営店でも販売されるようになり、ジェイアール名古屋タカシマヤでの店頭販売は今回が初めて!

 

フレーバーは、バニラ、抹茶、あずきの3種類。

さてさて・・、袋をあけてみると、見た目は、千なりそのもの。あいだには、アイスがたっぷりと挟まれているのがわかります。食べてみると、サンドしているスポンジ生地はしっとりもちもち! あいだに挟まれた小豆アイスは、あっさりとした甘さで、甘めのスポンジ生地との相性バツグン! 香りと味わいに優れた地元産(愛知県)の抹茶を使用した抹茶アイスは、ほろ苦く、こちらも生地とのバランスが良くとれています。

 

凍った状態では固いので、少し経ってから食べるのがオススメ! 暑い日にピッタリのスウィーツです!!

 

 

<両口屋是清>

アイス千なり (1個) 357円

7月25日(水)→7月31日(火)

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」ウィークリーコーナー

 

 

2018.07.24.Tue

清流がイメージできるお菓子

前回がゼリー系のお菓子だったので、今回は生地が美味しい夏のお菓子を紹介しましょう!

 

玉井屋本舗の「登り鮎」です!

 

玉井屋本舗は、明治41年(1908年)創業の岐阜・長良川畔にある老舗和菓子店。「登り鮎」、「やき鮎」をはじめ「味噌松風」等この地を 代表する伝統的な和菓子を創り上げてきました。

 

カステラ生地で求肥(ぎゅうひ)を包んだお菓子は本来「調布」と呼ばれますが、初夏には夏の季語でもある「鮎」にちなみ、清流に泳ぐ鮎を模したかたちのものが和菓子屋の店頭に並びます。一般的には「若鮎」と呼ばれ、生地の中には求肥(ぎゅうひ)が入っています。求肥とは、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたものです。

 

一説には「若鮎」は、名古屋が発祥で、長良川に泳ぐ鮎を模したものが始まりとも言われますが、それぞれの地方に類似のお菓子があり、はっきりとはしません。名古屋では、求肥のほか味噌あんを入れたものがあり、関東では小豆あんを入れたものが見られます。

 

さて、今回紹介する玉井屋本舗の「登り鮎」は、上質の小麦粉に玉子をたっぷり使ったカステラ生地で求肥(ぎゅうひ)を包み、長良川の清流に遊ぶ若鮎を型取って焼き上げた当店の代表菓子で、宮内庁御買上、全国菓子博有功大賞受賞の実績もある銘菓です。

 

今回は特別に世界中で人気のフレーバーティーブランド<ハーニー&サンズ>の茶葉の香りを求肥に練り込んだジェイアール名古屋タカシマヤ限定の紅茶味も販売中。

 

<玉井屋本舗>

登り鮎 (1個/①プレーン・②紅茶) ①130円 ②141円

②はジェイアール名古屋タカシマヤ限定

②は7月31日(火)までの販売

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

 

 

 

2018.07.20.Fri

季節限定 可愛らしい「夏祭り」スウィーツ!

いよいよ、夏休みに突入!

夏祭りで、「金魚すくい」をするのを楽しみにしている方も多いことでしょう。

 

・・とういわけで、今回は「金魚」をモチーフにした可愛らしいスウィーツを紹介!

 

1、源 吉兆庵 「金魚」

 

源 吉兆庵は、銀座にも店舗を置く、昭和21年(1946年)創業の四季のフルーツを取り入れたお菓子を得意とする老舗和菓子店。「金魚」は、みずみずしいマスカットの味わいが広がる和風ゼリーに、ゆらりゆらゆら、涼しげに泳ぐ、可愛らしい金魚を浮かべた夏模様の和菓子。つるんとした食感で、口どけなめらか。金魚は羊羹で作られています。金魚柄のかわいい巾着に入ったものなどもあり、贈り物としてもオススメです。

 

<源 吉兆庵>

金魚 (1個) 292円

8月中旬までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

2、菓匠 花桔梗 「夏祭り」

 

 

菓匠 花桔梗(はなききょう)は江戸時代に尾張藩主御用菓子司を務めた桔梗屋の流れをくむ名古屋の和菓子屋。伝統を大切にしながらも、「フルーツ餅」や「フルーツ生水羊羹」など、現代にマッチした和菓子を創造する名店。「夏祭り」は、さっぱりとした味わいのラズベリーをしのばせた生水羊羹の上に、水の中を泳ぐ金魚をイメージした夏らしい逸品。

可愛らしいスウィーツを眺めて、夏を楽しんで!

 

 

<菓匠 花桔梗>

夏祭り (1個) 486円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

7月31日(火)までの販売

■地下1階 和菓子売場

2018.07.17.Tue

「土用の丑の日」に食すべきスウィーツとは?

夏になると登場する「土用の丑(どようのうし)」という言葉・・

これって一体、何でしょうか?

 

古代中国の陰陽五行説では、この世の中のすべての事柄は、木、火、水、金、土の5つで成り立つと

考えられていました。これを季節にあてはめようとすると、季節は、春夏秋冬の4つしかありませんから

“土”があまってしまいます。そこで、土の性質は全ての季節にあると考え、それぞれの季節の終わりの

18日間を“土”としました。したがって、各季節の終わりに土用は存在します。

 

一方で丑というのは、十二支の丑のことで、12日に一度は丑の日が回ってくることになります。

夏の土用というのは、立秋前の18日間のことで、その中で丑の日が“土用の丑”というわけです。

 

今年の土用の丑は2回あります。7月20日と8月1日です!

 

夏の終わりのこの時期はとても暑いので、鰻を食べて元気をつけようということで、

<土用の丑=鰻>という図式が出来上がったわけです。

 

さてさて、この時期食べられるのは、鰻だけではありません!!

土用の丑には「土用餅」というお菓子も食べられます!

昔、公家の間では、暑気あたりを防止するため、カガ芋(山芋)の葉を煮だし、その汁でもち米の粉を練り

丸くまるめて味噌汁に入れ、土用入りの日に食べるという風習がありました。これが徳川時代中期頃より、小豆の餡で餅を包んで食べるという風に変化します。

 

わかりやすく言うと“あんころもち”のこと!  これが土用餅と呼ばれるものです。

コンシェルジュのおすすめは、愛知県一宮市の明やの土用餅!

わらび餅で有名なお店ですが、季節限定の「土用餅」も絶品です!

 

もちろん、今回は「わらび餅」併せて販売!

 

まだまだ暑い時期が続きますので、美味しいスウィーツを食べて元気をつけましょう。

 

 

<明や>

土用餅 (2個入) 321円

7月18日(水)→24日(火)

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」 ウイークリーコーナー

2018.07.13.Fri

☆爽やかチーズケーキ☆彡

今日は、この時季にふさわしい爽やかなチーズケーキを紹介しましょう!

 

小樽洋菓子舗ルタオの「セミノールフロマージュ」です!

        

小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)は、小樽市を中心に北海道内のみで直営店舗を展開する洋菓子店。ルタオとは、フランス語で「小樽の親愛なる塔(Le Tour Amitie Otaru)」という意味。平成10年に小樽の洋菓子舗として誕生して以来、北海道の素材にこだわり、また、世界中の厳選された素材と融合させる「Nostalgic Modern」(伝統と革新の融合)をテーマに、北の大地に根差したスウィーツを創り続けています。

 

なかでも、しっかりとしたコクを感じるベイクドチーズ層と、ミルク感が引き立つレアチーズ層が、二層となった同店の「ドゥーブルフロマージュ」は、全国の百貨店の催事で大人気商品となっています。

 

さて、今回ルタオが販売するのは、伊勢志摩産セミノールと五ケ所のみかんを使用した「セミノールフロマージュ~伊勢志摩産みかん~」! 三層構造となっており、下層は、セミノールのピューレとクリームチーズのベイクド。中層は、五ケ所みかんジュースを使用したマスカルポーネムース。上層は、セミノールと五ケ所みかんのジュレとなっています。ジェイアール名古屋タカシマヤ限定販売商品です! 伊勢志摩のみかんをたっぷり堪能できる爽快なチーズケーキを是非この機会に!

 

小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)

セミノールフローマージュ ~伊勢志摩産みかん~ (1台) 1,944円

開催中→7月31日(火)

■1階 北ブロック デリシャスコート

 

 

2018.07.10.Tue

東京でこの時期大人気の和スウィーツとは?

7月に入り、暑さが一段と増すこの時季は、あっさりといただけるスウィーツが欲しいですよね!?

・・というわけで、今日は、東京でも大人気の銀座の老舗和菓子店の「あんみつ」を紹介!

 

銀座鹿乃子の「鹿乃子あんみつ」です!

 

銀座鹿乃子(ぎんざかのこ)は、昭和21年(1946年)創業の老舗和菓子店。銀座4丁目のそばにある店舗では、あんみつ、かのこ、ぜんざいなどが名物で、中でも鹿乃子あんみつは<NIKKEIプラス1>の“何でもランキング”の「おすすめ取り寄せあんみつ」部門の第1位にランクインするほどの大人気商品!

 

そもそも「あんみつ」は、1930年頃、東京で、みつ豆に自家製の餡をのせたものが始まりとされていますが、求肥(ぎゅうひ)やフルーツを盛り付けたり、アイスを乗せたりと、バリエーション豊かな日本が誇る和菓子の1つとなりました。こちらのあんみつは、豆にこだわりがあり、赤エンドウの他にも花白豆、紫花豆や虎豆など、何種類もの豆を使用し、それぞれの豆の炊き上げにも手間をかけています。

 

おみやげ用は、黒蜜と白蜜が選べ、防腐剤や保存料を一切加えていないためお日持ちは約2日ですが、豆の風味や味わいの違い、そして彩りがしっかりと楽しめる「鹿乃子あんみつ」は、大切な人への贈り物としても最適です!

 

東京でも大人気の「あんみつ」を是非味わってみて!

 

<銀座鹿乃子>

鹿乃子あんみつ (1個) 519円

7月11日(水)→17日(火)

■地下1階 和菓子売場「銘菓百選」

 

2018.07.06.Fri

☆インスタ映えするスウィーツ☆

10階催会場で開催される「四国・瀬戸内・山陰味めぐり」でインスタ映えするスウィーツを紹介しましょう!

 

1、ペルタレクラン 「カラフルコッペパン」

ペルタレクランは2017年4月に松山にオープンしたパン屋さんとケーキ屋さんが同居する新しいお店。

店名の「ペルタレクラン」は、ギリシャ語で「体を守る盾」を意味するペルタと、フランス語で「宝箱」を意味するレクランを合わせたもの。「安心して食べてもらいたい」「宝箱を開けるときのようなドキドキやワクワクをお客さんに感じてもらえるようなケーキを作りたい」との思いが込められている。

同店が今回提供しているのは、「カラフルコッペパン」!しっとりとした生地のパンに色々なクリームをサンドし、さまざまなトッピングをしたもの。写真上から①チョコ×バナナ②抹茶×白玉×あずき③フルーツをトッピングしたものの3種類がラインアップ。いずれおとらぬ、インスタ映えするインスタジェニックの

コッペパンたちです!

 

<ペルタ・レクラン>

彩りコッペ(上から;①チョコ×バナナ、②抹茶×白玉×あずき、③フルーツ)各378円

③はジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■10階 催会場  第6回 四国・瀬戸内・山陰味めぐり

 

 

2、みさお牧場ジェラテリアMISAO 「ピオーネとマスカットジェラートパフェ」

みさお牧場ジェラテリアMISAO は、岡山県にあるみさお牧場の新鮮な牛乳とたまごを使った,ホームメイドジェラートのお店。日本テレビの情報番組「ヒルナンデス!」でも紹介され、今人気のお店!

同店が今回提供しているのは、岡山県産ピオーネとマスカットがのった「限定ジェラート」です。

なんと、各日20杯限り! 朝イチでゲットして!

 

 

<みさお牧場 ジェラテリアMISAO>

みさお牧場のピオーネとマスカットジェラートパフェ (1杯)801円 <各日20杯限り>

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

■10階 催会場  第6回 四国・瀬戸内・山陰味めぐり

 

 

そのほかにも第6回 四国・瀬戸内・山陰味めぐりにはカラフルなグルメがたくさん!

インスタ映えするスウィーツの写真でフォロワー数が急増?するかも!?

 

 

 

第6回 四国・瀬戸内・山陰味めぐり

7月11日(水)→17日(火)

最終日は午後5時閉場(ラストオーダーは閉場30分前まで)

■10階 催会場

 

「平成30年(2018年)7月豪雨」により被災された方々に心からお見舞い申しあげます。

7月11日(水)より開催の「第6回 四国・瀬戸内・山陰味めぐり」につきまして、豪雨の影響により、

出店の見合わせや商品の入荷状況の都合により営業開始が遅延する店舗がございます。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

2018.07.03.Tue

☆ロマンティック☆ 七夕スウィーツ

今度の土曜日7月7日は、☆七夕☆ !

 

そもそも、「七夕(たなばた)って、何だっけ?」という方のために、七夕のお話から・・

 

昔々、天帝という神様が星空を支配していた頃のお話・・

天の川の「西岸」に“織姫(おりひめ)”という天帝の娘が住んでいました。一方、「東岸」には、牛飼いの青年“牽牛(けんぎゅう)”が住んでいました。織姫は、働き者の牽牛をたいへん気に入り、2人はめでたく夫婦となります。

ところが、一緒に暮らすようになると、2人は仕事をしないで遊んでばかり・・。怒った天帝は、ついに2人を引き離してしまいます。しかし2人があまりに悲しむので1年に1度、7月7日の夜だけ、天の川を渡って会うことを許したのです・・・。

 

この時期、売場には、七夕にちなんだスウィーツがいっぱい!

コンシェルジュのオススメは次の3つ!

 

1、菓匠 花桔梗  「笹飾り」

菓匠 花桔梗(はなききょう)は江戸時代に尾張藩主御用菓子司を務めた桔梗屋の流れをくむ名古屋の和菓子店。伝統を大切にしながらも、「フルーツ餅」や「フルーツ生水羊羹」など、現代にマッチした和菓子を創造する名店。「笹飾り」は、シャインマスカットを忍ばせた生水ようかんの上に、寒天を重ねて天の川を描いたもの。天の川に浮かんだ短冊と笹が愛らしいスウィーツとなっています。ジェイアール名古屋タカシマヤ限定です!

 

<菓匠 花桔梗>

笹飾り (1個) 486円

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定

7月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

2、青柳ういろう 「星の宴」

青柳総本家は、明治12年(1879年)、初代が旧尾張藩徳川慶勝より「青柳」の屋号を贈られて創業した老舗和菓子店。昭和6年には3代目が名古屋駅の売店やホームで「青柳ういろう」の販売を開始し、ういろうが名古屋の銘菓として愛されるきっかけを作ったお店でもあります。「星の宴」は、七夕の美しい星空をイメージ。ういろうのもっちり感と、金時豆やえんどう豆などのなめらかな食感をお楽しみいただけます。

 

<青柳ういろう>

星の宴 (1本/約18cm) 540円

月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

3、仙太郎 「二ツ星」

仙太郎は、京都寺町仏光寺に本店を構える和菓子店。「二ツ星」は、老玉と玉露玉の上にゼリーをあしらい、まるで織姫と彦星のように並べて笹舟にのせた、美しく涼しげな和菓子。「老玉(うばたま)」というのは、いわゆる“あんこ玉”と呼ばれるもので、仙太郎では、小豆のこしあんをあん玉として、沖縄産の特上黒砂糖を羊かん状にして衣がけしています。上に乗っている柚子風味のゼリーの爽やかさも相性抜群! 織姫だと思われる緑の方は玉露のあんこ玉。てっぺんの赤いのはなんとワインゼリー!

<仙太郎>

二ツ星 (1舟) 216円

7月7日(土)までの販売

■地下1階 和菓子売場

 

 

これらのほかにも、和菓子売り場には、七夕スウィーツがいっぱい! 是非、足を運んでみて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.