お菓子研究家
猫井登
(Noboru Nekoi)

京都生まれ、大手銀行員からお菓子の道へ。ル・コルドンブルー代官山校。フランスのエコール・リッツ・エスコフィエなどで製菓を学ぶ。著書に「お菓子の由来物語」(幻冬舎ルネッサンス)

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

2018.10.19.Fri

秋の芋、栗 スウィーツ

秋といえば、いも・くり・なんきん・・・

というわけで、今日は、芋と栗のスウィーツを紹介しましょう!

 

1.浅草 満願堂 「芋きん」

浅草 満願堂は、明治19年(1886年)創業の老舗和菓子店。「芋きん」とは、サツマイモを使った「金つば」のこと。満願堂では、小麦粉と焼き芋粉をブレンドした生地を「いもあん」の六面につけて鉄板でその場で焼き上げています。店頭で買って食べる出来立ては、熱々のホクホク!美味しいさつまいもを、そのままペーストしたような自然の味わい。テイクアウトした場合でも、オーブントースターで軽く温めれば、変わらぬ美味しさでいただけます。

 

<浅草 満願堂>

芋きん (1個) 130円

開催中→23日(火)

■地下1階 ウィークリースポット

 

 

2.京丹波 「焼ポン」

 

京丹波は、京都の錦市場に本店を置く、2002年に設立された比較的新しい会社。「焼ポン」は、大きな栗を、いわゆるポン菓子の機械に入れて圧力をかけて焼いた「焼き栗」です。2003年には、焼ポンの特許を取得し、全国にフランチャイズ展開をするとともに、各種博覧会にも出店している人気のお店です。

焼ポンは、皮もすぐにとれ、柔らかく、何も加えないので、栗本来の味わいが楽しめます

 

<京丹波>

焼ポン (270g)1,080円

開催中→23日(火)

■地下1階 特設会場

 

 

食欲の秋、スポーツの秋。 美味しいスウィーツでパワーチャージして頑張りましょう!!

BLOGについて ご使用上の注意

  • 当ブログに記載された商品は、掲載後に品切れする場合もございますのでご容赦ください。
  • 当ブログに掲載された商品の価格は、掲載時点のものであり市場動向により変動する場合がございます。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております(一部本体価格表記のものもございます)。
  • 2014年3月以前の記事に掲載されている商品価格は消費税5%の総額表示のため、現在価格とは異なります。
  • 当ブログは、予告なくサービス終了する場合がございますのでご了承くださいませ。
  • 当ブログでは、コメントおよびトラックバッグを受け付けておりません。
  • 当ブログは、不特定多数のお客様への情報を提供するものであり、スタッフ個人の意見や感想をお伝えする記事内容になっております。お読みいただくお客様すべてに対し、ブログ記事内容が当てはまらない場合もございますので、ご了承ください。
  • 当ブログに掲載された記事を参照した結果発生した損失や損害について、(株)ジェイアール東海髙島屋では一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
  • 当ブログに記載されている記事、画像等の権利はすべて(株)ジェイアール東海髙島屋に帰属します。無断で利用・加工などはご遠慮ください。
  • 当ブログは、いつでも記載内容を改訂することができます。

All right reserved by JR Nagoya Takashimaya Co., Ltd.