会員サービス

点線

 

 

 

 
 
 

8・9月の「暮らしの手技」ギャラリー

※9月3日(火)以降は、最終日が午後6時閉場となります。
 
川合孝知 秋をたのしむ器展
9月4日(水)→10日(火)
秋の様子をオリジナリティー溢れる表現で色彩豊かに描きました。生活に溶け込む九谷焼をご紹介します。

(1)長角鉢「森のなかま」(約16×31×高さ5.5cm) 17,280円
(2)一輪挿し「ひだまり」(約径7×高さ10cm) 12,960円

深田涼 色の本棚
8月14日(水)→20日(火)
愛知県瀬戸市出身。“テーブルというキャンバス”をモットーに、多種多様な明るい色が特徴。使う人が楽しく、笑顔になれる食器や小物、アクセサリーをご紹介します。

安藤統 知山窯器展
8月21日(水)→27日(火)
岐阜県土岐市にて作陶。温もりのあるオリジナル朱赤絵、涼しげなトルコブルー、新色ギャラクシブルーの食器をご紹介。料理が映える使い勝手のよい器、音楽・楽器をモチーフにした器をお楽しみください。

川副隆彦 鍋島 虎仙窯展
8月28日(水)→9月3日(火)
虎仙窯は、代々青磁の製作と絵描きを担い、継承。「大名の日用品」として作られた鍋島焼をお楽しみください。

山口康雄 康雲窯展
9月11日(水)→17日(火)
康雲窯は伝統的な器〈古唐津〉と新たな器〈上絵・赤絵〉の二つの対照的な器を作陶。現代の暮らしに寄り添う器をご紹介します。

若尾洋造 宗山窯 藍と漆のうつわ展
9月18日(水)→24日(火)
陶器に天然素材である漆を施し、重厚で艶やかな美しさを持つ陶器の質感と、伝統的な漆塗りの質感を堪能できる二つの美を併せ持った器をお楽しみください。

森脇要 作陶展
9月25日(水)→10月1日(火)
日本六古窯のひとつ、丹波焼の窯元で修行。昔ながらの技法、デザインを取り入れ、そこに自分らしさを加えた器を作陶。どこか懐かしく、かつ現代の生活にもあう作品をお楽しみください。
 
 

※いずれも売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。

 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内