会員サービス

点線

 

 

 

 
 
 

2月の「暮らしの手技」ギャラリー

瀬戸 霞仙窯 ふだん使いの器展
2月13日(水)→19日(火)
日本六古窯のひとつ、瀬戸市赤津地区の窯元 霞仙窯。伝統の素材と技法、多彩な釉薬で普段づかいの器をご用意して皆さまのお越しをお待ちいたしております。

織部藤紋大皿(約径35×高さ5cm) 19,440円

長江哲男 練上の器展
1月30日(水)→2月5日(火)
数多くの彩土を折り重ねて作る「練上技法」で制作。緻密で繊細な模様を用いた器をお楽しみください。

久保猶司 新しい津軽塗の作品展
2月6日(水)→12日(火)
津軽塗は300年の歴史を持つ伝統的な漆器です。古くから伝わる模様や色を見直し、現代の暮らしに合うような漆器を目指し制作したアクセサリー、小家具、壁掛けパネルなどをお楽しみください。

森圭介 京都の手仕事展
2月20日(水)→26日(火)
日本古来の器を追求して、染付・赤絵・粉引・灰釉・焼しめ、鉄絵、楽などの様々な技法を用いて作られた器の数々をご紹介いたします。
西美紀 夢と華の器展
2月27日(水)→3月5日(火)
西美紀の心象風景の世界を陶芸で表現。独自の世界観あるオリジナルの絵付けの絵画のような陶芸作品、幻想陶画の世界をお届けします。
 
 

※いずれも売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。

 
採用情報
公式アプリ
各種カードご案内