RECRUIT 採用情報

中途フルキャスト採用

JR NAGOYA TAKASHIMAYA RECRUITING中途フルキャスト採用

当社は、2000年3月の開業以来、多くのお客さまに支えられ売上高が開業当初の2倍以上の会社に成長しました。
そして迫るリニア中央新幹線開業に向け、大きく変革していく名古屋で、どのようなお店であるべきなのか。
過去の慣習やしがらみにとらわれることなく、お客さまに、名古屋に、そして全国に新しい価値を提供していくことが
私たちのミッションです。

売場営業(取材当時)

佐野 光 ( 2016年入社 )

若手から様々なことに挑戦できる環境が大きな魅力です。

入社を目指した理由

前職は、婦人靴の企画販売の会社で、販売や商品のデザイン・品質管理業務を担当していました。様々な業務を経験する中で、お客さまに商品の価値や品質の良さを伝える為には、販売員の力が大きく影響することを強く感じていました。改めて自身の将来を見つめ直した時、発展の著しい名古屋エリアで、お客さまに多種多様な価値提供が出来る百貨店の仕事をしたいと考えるようになり、入社を決めました。

現在の担当業務・やりがい

現在は、インターナショナルトレンド(婦人服売場)で催運営の担当をしています。催運営とは、出店ブランド選定したり、会場のレイアウト作成や、POP作成など事前準備から、一連の運営業務を担っています。また、レター作成やカード会員の獲得など、お客さまの来店促進につながる取り組みや、ローズスタッフ(お取引先雇用の販売スタッフ)の業務サポートおよびアルバイトの教育なども担当しています。

~ある1日の流れ~

9:40 朝礼
10:00 迎客・売場巡回
12:30 昼休憩(70分)
14:00 催事企画に関する資料作成・広告物の校正
15:00 売場巡回・お客さま対応
16:00 お客さまの来店促進に関する会議に出席
18:00 チームメンバーへ会議内容共有
18:20 退社


業務を担ううえで大切にしていること

ローズスタッフとの良好な関係作りを大切にしています。日々お客さまに接する販売員の接客力が売上に大きく影響します。接客力向上のための仕組みをつくり販売員に取り組んでもらうためには、お互いの信頼関係があってこそ。毎日、時間をみつけて売場係員一人ひとりに声をかけています。何気ないコミュニケーションから信頼関係を築いています。

これからの挑戦

まずは、自分らしい提案や伝える力を磨きたいです。日頃から行く先で商業施設を見てまわったり、美術館をめぐり、自身の感性を磨くよう意識しています。その中で、アイデアが思い浮かぶこともあります。ゆくゆくは新しいブランドを発掘しお客さまに発信していきたいです。

ジェイアール名古屋タカシマヤでの働き方

お客さま対応で残業をする日もありますが、決められた時間の中で、効率よく仕事をすることが重視されています。また、半期に1度の連休取得制度を利用して、旅行や趣味に没頭する時間が確保できることで、リフレッシュしてまた仕事と向き合っています。

未来の仲間へのメッセージ

8_佐野 ②.jpg若手から様々なことに挑戦できる環境が大きな魅力です。上司や、先輩・後輩の垣根なくお互いを尊重して仕事が出来る風土で自分自身を磨き、成長ができます。また、結婚や出産などライフステージが変わっても自分らしく活躍する女性が多いのは当社ならではだと感じます。

採用トップへもどる