EXHIBITION HALL 10階催会場

墨と百年、いまを生きる 篠田桃紅展

■2019年12月26日(木)→2020年1月6日(月)
■10階 特設会場 ※最終日は午後5時閉場

ご入場時間:午前10時~午後7時30分(閉場:午後8時)
※12月31日(火)は午後5時30分まで(閉場:午後6時)
※最終日は午後4時30分まで(閉場:午後5時)
※1月1日(水・祝)は休業日

入場料:一般800円(600円)、大学・高校生600円(400円)、中学生以下無料
※( )内は前売り及び団体10名様以上の割引料金
※前売券はセブンチケット(セブンコード080-681)・ローソンチケット(Lコード42571)で2019年12月25日(水)までお求めいただけます。
セブンチケットでのご購入>> ローソンチケットでのご購入>>
※ジェイアール東海タカシマヤカード<<ゴールド>>、友の会会員証をお持ちのお客さまはご招待券をご用意しております。
※ジェイアール東海タカシマヤカード、ジェイアール東海タカシマヤセゾンカード、ジェイアール東海タカシマヤポイントカードをお持ちのお客さまは、入場券販売窓口にて当日券をご購入の場合に限り入場料が半額となります。
※高島屋株主カードをお持ちのお客さまは、入場券販売窓口にてご提示いただいた場合ご自身を含め3名様まで無料でご入場いただけます。
※「障がい者手帳」をご提示いただいたご本人様、ならびにご同伴者1名様まで入場無料とさせていただきます。

主催:中日新聞社、篠田桃紅展実行委員会
特別協力:公益財団法人岐阜現代美術財団、鍋屋バイテック会社


MOVIE -宮崎香里氏インタビュー「篠田桃紅展の楽しみ方」-

本展企画監修者である宮崎香里氏(岐阜現代美術館学芸員)に桃紅作品の楽しみ方をお伺いしました。

ギャラリートーク

宮崎香里氏(岐阜現代美術館学芸員・本展企画監修者)による作品紹介

■12月26日(木)午前11時〜・午後2時〜(各回約30分)
※ご参加には入場券が必要です


墨と百年、いまを生きる

日本を代表する墨象作家・篠田桃紅(1913- )。和紙の上を走る筆から生まれる桃紅の墨のかたちは多くの人々を魅了し、ボストン美術館、グッゲンハイム美術館、東京国立近代美術館をはじめ、世界の主要な美術館で作品が所蔵されています。また、1960年頃よりリトグラフの制作を始め、79年にはエッセイ集『墨いろ』で第27回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞するなど、領域を超えて創作活動を続けています。春には107歳を迎える桃紅は、自然のうつろいを感じ、はかないものを惜しみ、過ぎゆく一瞬一瞬を敏感にとらえ、それらを作品としてかたちあるものに昇華してきました。作品にたち現れる「日本の美」。世界の現代美術の中で稀有な存在である桃紅の歩みと、時を重ねて一層の深みを増す墨の芸術を紹介します。

「静」 1973年

「月読み」 1978年

「星霜」 1954年

「舟」 2002年

淡い墨を重ねるということは、歳月や風霜を経ることの意を宿しているらしい。
水墨は、重ねても重ねても、一回性の重なりで、下の墨は消えはしない。
人が一刻、一日と生きて、ひとつの生涯となるのと同じように。

『墨いろ』「玄という色」(PHP研究所 1978年)

篠田桃紅

1913年 中国、大連生まれ
1919年 この頃、はじめて墨と筆にふれる
1935年 書を教え始める
1940年 初めての個展(銀座鳩居堂)で独自の書を展示する
1945年 墨による独自のかたちを求め始める
1953年 毎日書道展の審査員を務める(2回)
1956年 渡米(~58年) 帰国後、水墨による抽象表現を始め、国内のみならず世界各地で個展を開催
1960年 この頃から、リトグラフ制作を始める
1979年 第27回日本エッセイスト・クラブ賞受賞 以後、いくつかの随筆集を刊行
2005年 『Newsweek』の特集「世界が尊敬する日本人100人」に選出される
2013年 100歳記念「SHINODA Toko 100 years 百の譜」展開催 (関市立篠田桃紅美術空間、岐阜現代美術館、岐阜県美術館、画廊光芳堂)
2015年 エッセイ『103歳になってわかったこと』刊行、 45万部をこえるベストセラーとなる
2018年 「篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち」(上田市立美術館)
その他、国内外で個展を多数開催

篠田桃紅ミュージアムグッズ



ミニ図録各種 600円

Tシャツ各種 3,000円

絵葉書セット(6枚入り) 700円

絵葉書各種 150円

図録/百の譜 2,600円

図録/TOKO 2,800円

一筆箋(左:おもい/右:いろは) 各500円

クリアファイル(左:熱望/右:君に) 各450円

10階 美術画廊「篠田桃紅作品展」(作品販売)開催

■12月26日(木)→31日(火)
■10階 美術画廊 ※最終日は午後4時閉場


  • 品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
  • 価格は消費税を含む総額にて表示しております。

トピックス