EXHIBITION HALL 10階催会場

10階 美術画廊

■10階

稲垣考二展〈洋画〉

■1月27日(水)→2月2日(火)

1952年愛知県生まれ。1979年愛知県立芸術大学大学院研修科修了。国画会会員。細密に表現された緊迫感あふれる画面は、強烈な印象で観る者に迫ります。本展では、女性像に加え、風景や静物などの意欲作40余点を展観します。

ブライアン・ウィリアムズ展 ~今 絵画は平面から曲面へ~

■2月3日(水)→9日(火)

1950年ペルー生まれ。1968年カリフォルニア大学にて美術専攻、1972年来日。世界30カ国以上の国々や日本各地の自然を、臨場感と迫真性を追及した曲面絵画で表現。油彩や水彩画の意欲作を中心に、30余点を展観します。

市野信水 作陶展

■2月10日(水)→16日(火)

1957年兵庫県生まれ。2002年二代信水襲名。日本工芸会正会員。日本六古窯のひとつ、丹波焼独特の土味をいかした作品を出品。茶碗や水指などの茶陶をはじめ、大壷、花器など約60点を展示します。

第3回 彫刻になった生き物たち

■2月17日(水)→23日(火・祝)

現代彫刻界で活躍されている作家たちが、個性豊かに、それぞれの表現力で制作した動物の作品を一堂に集めて展示します。
【出品作家】秋山 隆、いしばしめぐみ、エサシ トモコ、下山直紀、神保琢磨、高橋野枝、長納魚丈、仲間智登志、平野千里、向吉悠睦 ほか (五十音順、敬称略)

丸山 勝・光哉 彫刻二人展

■2月24日(水)→3月2日(火)

愛知県を中心に父子で活躍されている、作家による初の彫刻展。ふたりの異なる世界観で魅了する彫刻作品を発表します。
丸山 勝:1945年神奈川県生まれ。愛知県立芸術大学大学院研修科修了。1975年フランス政府給費留学生として渡仏。
丸山光哉:1975年京都府生まれ。愛知県立芸術大学大学院研修科修了。

トピックス