LIFESTYLE ライフスタイル

11階 美術画廊

■11階

鈴木 徹展 ─緑釉と三彩─〈工芸〉

■7月27日(水)→8月2日(火)

1964年岐阜県生まれ。父である人間国宝・鈴木藏先生に師事。日本工芸会理事。本展では、代表作の緑釉と、近年精力的に取り組んでいる三彩による茶碗、花器、鉢、香炉などの力作約60点を展示します。

─心象のモザイク─ 鍋田尚男 ガラス作品展

■8月3日(水)→9日(火)

1969年宮城県生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業。日本ガラス工芸協会正会員。繊細に作られた細やかなパーツを炎で作品にしていくモザイクガラスは、幾何学的な表現と色彩の豊かさが特徴です。花入、食器など80余点を展示します。

藤田 新展 ─共生の庭─〈洋画〉

■8月10日(水)→16日(火)

1953年東京都生まれ。東京藝術大学大学院彫刻科修了。絵画、彫刻、工芸など様々な要素で表現した神秘的な作品を制作。本展では、気・光・風などの自然のエネルギーを表現した作品約20点を展観します。

第44回 十果会〈洋画〉

■8月17日(水)→23日(火)

独立美術協会に所属する13名の作家が研鑽を重ね、創意のもと表現した渾身作を展観します。
【出品作家】相田幸男、井澤幸三、今井信吾、大津英敏、奥谷太一、奥谷 博、木津文哉、絹谷幸二、齋藤 将、桜井 寛、瀬川富紀男、瀬島 匠、平岡靖弘(五十音順、敬称略)

第12回 横山尚人 グラスデコール展

■8月24日(水)→30日(火)

1937年台北生まれ。1962年東京藝術大学卒業。色とりどりのガラスを組み合わせた「グラスデコール」と名付けた装飾性を意識した作品は、高い評価を得ています。本展では、動物や花や虫たちを自由な着想で表現した作品約50点を展示します。

Emerging 3D artists exhibition ─TOTSUGEKI─〈彫刻〉

■8月24日(水)→30日(火)

立体の人気作家や注目の気鋭作家が、様々な素材を駆使し、異なるモチーフを表現した渾身の作品を一堂に展観します。
【出品作家】大森暁生、古賀真弥、下田顕生、白谷琢磨、松枝悠希(五十音順、敬称略)

※8月18日(木)は棚卸しのため、午後6時閉店とさせていただきます。

トピックス